メニューへ

Rebirth RB-338

Propellerhead社のソフト音源です。
スタンドアローンで動き、商用のDAWを持っていればRewireで連携も可能です。
もしテクノ系の音楽をPC上で作成したいと思ってるなら最初にお勧めできるソフトです。
ステップシーケンサーとしてデザインされているので、DAWに慣れた人には
煩わしいインターフェイスになってます。
FLに慣れていても1曲、作ってみようって気にはなかなかなりません。
フレーズを作ってはオーディオファイルにして、他のソフトで使うってのが
私のもっぱらの使い方です。
現状として操作性には難がありますが、元々商用だけあって音は良いです。
メインとしてはローランドのTB-303×2、TR-808、TR-909のエミュレーションで、
簡易的にエフェクトが付属してます。
ダウンロード、使用方法が初心者が使うにはちょっと知識が入ります。
きっと今後も役立つ技術なのでこれらも覚えておくといいと思います。

ここではダウンロードの手続きのほか、スキン&音源となるModsや曲のデータが
手に入ります。
こういったリソースを研究するのも楽曲作成の手掛かりになるかも
しれません。
http://www.rebirthmuseum.com/

関連ページ
http://allabout.co.jp/entertainment/dtm/closeup/CU20070902A/
http://allabout.co.jp/entertainment/dtm/closeup/CU20070902B/
http://ja.wikipedia.org/wiki/ReBirth_RB-338

ReBirthにてライブ演奏しているツワモノの動画

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。