メニューへ

Boss DD-3

dd3.JPG

機能がどんどん追加された新しいディレイが発売されている中、
何故かいまだシンプルなDD-3が継続して販売されています。
私の機材は昔から所有しているものを使い続けているものばかりですが
このDD-3は高校生のときに初めて買ったデジタルディレイです。

当時、ディレイでサウンド オン サウンドをやりたかったのですが
ROCKTEK/ADR-02しかディレイを持っていませんでした。
(ROCKTEKがネットで結構ヒットするのは驚きです。DELAYの他、CHORUSも持ってました)
バイトしたお金で初めてのデジタルディレイがこいつでした。
その前に手に入れたSD-1はACAアダプタ対応の台湾製でしたが、これはPSA対応の日本製です。
デジタルのエフェクターの場合、どこで生産されたかで音ってそんなに変わるのでしょうか?

有名な話ですが、DD-2とDD-3は中身が一緒だったらしいですね。
パーツのコストが下がったために値段を下げるに当たって品番も変更したとのことでした。

最近はアナログっぽいだの言われてますが、どうなんでしょう?
私にはデジタルディレイの音です。
ディレイタイムは最近のもの比べれば800msと大したことありませんが、
十分実用の範囲です。

Joe SatrianiがDD-3を長年愛用してますが自身のシグネチャーエフェクターであるVOX TimeMachineが
導入されてもDD-3を使い続けているのが印象的です。

アナログの滲むようなエコーとはまた違った魅力があると思います。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。