メニューへ

.modファイルについて

MOD はサンプリングデータと演奏データをコンパクトにまとめたファイル形式です。
そしてMODを作成するためのシーケンサーのことをトラッカー(Tracker)と言います。
元々AMIGAで生まれた音楽ファイルのフォーマットで、soundTrackerというソフトで
使用されていました。

コンピューターの性能が上がることでより大きなサイズのファイルをより多くの
トラックで使用できるようMODも変化しました。
広義のMODは、それらのファイルフォーマットも含める意味もあります。
ここでは元祖MODファイルフォーマットを.modと表します。

.modはトラッカーの中でも最も古いフォーマットです。

.modファイルが扱えるフォーマットとして8bitPCMサウンド、31サンプルの音色が使用が可能です。
シーケンス可能トラックは基本的に4トラックですが32トラックに拡張されている場合もあります。

.modファイルの音楽、古臭さは随所で感じるものの興味深いです。
無限とも思えるトラックを使用できる昨今のDAW系と比べるとかなり貧弱な仕様です。
その制限ある中で音楽制作を行うのが4トラックカセットMTRで音源作成を彷彿させます。

打ち込む際に各自色々工夫します。
同時に鳴らせるのは4トラックですが各トラックに都度別々のサンプルを割り当てることは
できるので涙ぐましい努力で各音色の定位を変えたりしているようです。
いわゆるピンポン録音ぽいことをしていることもあり基本的なビートループを事前にmod、
あるいはRebirthなどで作っておきワンショットでは埋められないところをカバーしています。
使用されるサンプルは基本的にモノでありステレオのサンプルは
使用できないのでなんでもピンポンしてトラックを積み重ねるわけにもいきません。
時には少ないトラックゆえ、セオリーにない大胆な定位を施していたりします。

BeroTrackerでは.modをプラグインなどを経由することなく使用することができます。

.modについて興味がある場合、多数のファイルが以下にアーカイブされています。

The Mod Archive
http://modarchive.org/
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。