メニューへ

Psycleとは?

Psycle_screenshot1.jpg

Psycleは簡単に言えばBuzzに強い影響を受け開発されたステップシーケンサーです。
Psycle独自のMachineと呼ばれるプラグインを持ち、Buzzと互換性を持ちませんが
ソフトの持つコンセプトはよく似たものになっています。
各MachineやVSTをモジュラー画面にてワイヤリングして
各トラックに打ち込んでいくのはBuzzに似てますが、細かいルールには違いがあります。

JeskolaBuzzとは?も参照してみてください。

Machineの絶対数はBuzzに及ばず、質的にもBuzzに劣ります。しかし
VST/VSTiとのインターフェイスをBuzzより強化し音源作成には主にVST/VSTiを使用します。

オペレーションがBuzzより洗練されており、個人的にはVST/VSTi使用での楽曲作成なら
Buzz/BuseよりPsycleのほうが向いているように思われます。


オフィシャルHP
WikipediaのPsycleの項

2009/9月現在オフィシャルに公開されているバイナリファイルは1.8.5で
しばらく更新のない状態です。

次世代のPsycle「qpsycle」も作成されていますが、ソースコードのみでバイナリは
公開されていないのが現状です。

ソース管理の中心的人物だった「JAZ」もプロジェクトから離れるとのことで
更新はまだまだ先になりそうです。

このサイトではJeskolaBuzz/Buze、Psycle、Aodix、BeroTrackerといったトラッカーソフトを
紹介していますが、個人的にはその中でも一番とっつきやすく動作も安定してると思います。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。