メニューへ

Guyatone TZ2

コンパクトな外見でお馴染みのGuyatone、マイクロシリーズからFuzzのTZ2です。
とにかくこのシリーズは小さくて電源端子が上に付いているのが省スペーズには最高です。
MXRサイズでも右に電源端子が付いていると結構幅を要求されるのです。
一時期このシリーズを全て揃えようかとも思ってましたが
意外に人気があるのか中古でも結構値段が上がります。
特にデジタルディレイでは著しいですね。

最近のマイティマイクロシリーズは機能的ではあるんですが、
マイクロシリーズのほうがルックスがいいと思います。
最近のものは値段も高めになって、機能もハイエンド気味になってきてます。
ただ一昔前の少しチープで得体が知れない感じがこのシリーズはよかったと思います。

これは正しくFuzzのイメージっぽい音が出ます。
チープなルックスに違わないチープなサウンドが最高です。

歪みのツマミを9時あたりで使うのが好みで12時以降はあんまりイメージが変わりません。

IMG_1285.jpg

最近はどうもハイエンドなエフェクターが目立って安いエフェクターは
大抵中国産になってしまいました。
Fuzzとアナログディレイ・コーラス・フランジャーなんかは安いものの
味があると思うんです。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122347680
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。