メニューへ

ストラトのサーキットを1Vol1Toneに変更

通常、ストラトは1Vol2Toneの構成のコントロールになっています。
Toneはフロントとセンターに割り当てられいますが、個人的には
イマイチな組み合わせでした。
センターのみってのも考えましたが、結局全部のピックアップに対して
ひとつのツマミでトーンが効く1Vol1Toneに落ち着きました。

kairo1.JPG

機能増設の回路図は見かけますが、排除はあまり見当たらないので一応掲載しました。
当然、もうひとつのトーンは飾りとなります。

私はトーンの使い方は3種類しかありません。
フルテン、完全に絞る、完全に絞るちょっと手前のセッティング。
完全に絞るちょっと手前のセッティングは、プレイヤー誌のスラッシュの
インタビューにてそう使ってるとの発言にて真似するようになりました。

トーンを絞り気味のときは、ピックアップ単体よりどこかのポジションと
ブレンドさせたほうが、妙な倍音が目立ったりして面白い音が作れたりします。
クリームやブライアンメイの真似をするときなんかに使ってます。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。