メニューへ

ストラトのピックガードのビス

ギターパーツ関連は規格が統一されていないためになんでもない部品の交換も意外に苦労します。
例えばここにはストラトのピックガードの違いを記事があります。

その他部品も同じような感じで、結構融通が効かんのです。

ちなみALLPARTS製のの大きさは
ペグ用ビス(ロトマチック用?):直径(ネジ部)2.5mm×全長11mm
ピックガード用ビス:直径(ネジ部)2.8mm×全長13mm
FenderJapan製の大きさは
ペグ用ビス(クルーソン用?):直径(ネジ部)2.6mm×全長14mm
ペグ用ビス(ロトマチック用?):直径(ネジ部)2.4mm×全長10mm
ピックガード用ビス:直径(ネジ部)2.7mm×全長13mm
PU用ビス:直径(ネジ部)3mm×全長18mm
SCUD製の大きさは
ペグ用ビス(ロトマチック用?):直径(ネジ部)2.2mm×全長10mm
ピックガード用ビス:直径(ネジ部)2.9mm×全長13mm
とちょっと調べただけでも結構違うなあって感じです。
木工部分なので0.1mm以下の誤差は気にしなくていいんでしょう・・・。
ピックガードとかのビスはまだいいですがサドルやブリッジを交換するときは
より神経質にならんといけません。

うーん、細かい話ですが。

IMG_1304.jpg

ステンレス製のビスに交換してます。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。