メニューへ

バランサーポットの配線

IMG_1452.jpg

Ovation Celebrity CSE215という6弦と12弦のダブルネックを所有してます。
ミニSWがプリアンプ横に付いていてネックの出力を切り替えて
使用できるようになっていました。
SWを切り替えた瞬間に結構大きめのノイズが発生しライブのときは
気を使ってました。
各ピエゾ→ミニSW→プリアンプ→出力という配線になっていて、
SWから発生するノイズをプリアンプにて増幅しているが原因かと
思いました。
各ネックに独立したボリュームもなく12弦側の音量が大きいのにも
悩まされていたので対策としてミニSWをバランサーポットに置き換える
ことにしました。

@通常、このように配線するとバランサーとして機能するようです。
zu3.JPG


A最初はギターのボリュームと同じように繋げば音が出るかと思い
配線をこのようにしましたが片方しか音が鳴らなかったです。
zu1.JPG


Bものによってはこのように配線するパターンもあるようです。
私のものはこの配線にするとセンターポイントでボリュームが0になり
出力をブレンドしないボリュームコントローラになります。
これはこれで使い道があるかもしれません。
zu2.JPG

するとバランサーは効いているようだけどセンターの位置で無音になる。。。

所有しているBassはバランサー回路を採用していましたが
@と同じように配線されてました。
IMG_1456.jpg

機能的にはうまくいきましたが音が結構変わってしまいました。
高音がギラギラして使いにくくなってしましました。
今後はもうちょっと容量の小さいバランサーに置き換えてどうなるか
試してみようと思ってます。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。