メニューへ

ギターシンセの名手

○Pat Metheny
現役アナログギターシンセのGR-300を使用している他、
シンクラヴィアやVGシステムにも手を出しているパットメセニー。
ギターシンセのトーンをここまで自分の「声」にまで
高めているプレイヤーは他にいないと思います。



○Steve Morse
この当時使用しているシステムは定かではありませんが、
後にRolandのGR-1を使用したとのインタビューを見たことが
あります。本人もビデオで公言しておりましたが
あくまでエフェクターのひとつとしてギターシンセを使用。
地味ですがセンス良く、個人的には一番共感できる
ギターシンセ使用法だと思います。



○Adrian Belew (King Crimson)
ロバートフィリップもギターシンセを使用しますが、
他の楽器を模す使い方に関してはブリューは他のギタリスト
より一歩抜きん出ています。
当時はおそらくGR-1かGR-09を使用しているはずですが
かなり音がいいのが当時とても驚きました。
ブリューはギターシンセのみのアルバムも発表しており
興味深いです。



ジャズ/フュージョン系には他にも
沢山のギターシンセユーザーがいます。
ロック系は少なくて使っていても一時期のみという
プレイヤーが多いようです。

○Rolandのデモ



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128483697
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。