メニューへ

これってアナログディレイ?Belcat DLY-303

●Belcat Delay DLY-303
IMG_1491.jpg

Belcatという中国で生産されているディレイです。
一時期Busker'sという島村楽器オリジナルブランドのエフェクターとして
日本で発売していました。
日本にあるブランドのOEMとして販売され、現在は日本で販売していないが
世界ではまだ売られてググるとひっかかる状況はちょっとTonySmithと
似てるような気がします。
このメーカーのオーバードライブはいい評判をネット上で見かけます。


このディレイはアナログディレイであるとの触れ込みで
販売していました。
金属の筐体で、中古で安価だったことから手に入れましたが
スイッチがBEHRINGERタイプのなんちゃって機械式スイッチ※1だったのと
ディレイ音にイマイチ、グッとこなかったので放置してました。
アナログディレイのBBDの記事を書くにあたり、存在を思い出したので
どのBBDを使用しているか確認してみました。
ところが載っていたチップはPT2399Cというものです。
IMG_1489.jpg

PT2399というのはエフェクター自作界隈では有名?な
デジタルディレイ用のICチップです。「Rebote 2.5 Delay」で検索すると
色々情報が出てくると思います。

サウンドは確かにアナログっぽいです。海外のサイトではBelcatのDelayが
デジタルであるのが公然のようです。
メーカーはアナログと公言してませんが、各楽器屋さんがアナログディレイと
して売ってるみたいです。

うーん。

サウンドは今確認しても、アナログディレイっぽいです。
ただ気に入らないで放置していたということは自然と聞き分けて
いたんですかねえ。海外サイトではこのペダルを600msまで
ディレイタイムを伸ばすモディファイ記事も見かけました。
デジタルディレイで消費電流18mAってのもいいとは思います。

BBDでなければならないという潔癖さは必要ないかもしれませんが・・・
なんとなく気分の良いものではないなと思ってます。


-------------------------------------------------------------------
ここから下は実機を持ってません。噂程度の話として流してください。

ARTECのSE-ADLもPT2399を使用しているという記事を拝見しました。
こちらは筐体の思いっきり「AnalogDelay」と書かれてます。

BehringerのアナログディレイはV3205というCoolaudio社製の
MN3205リプレイス相当品が載ってるようです。

ARIONのアナログディレイはMN3207が載っていると記事を拝見しました。
相当品のCD3207という話も聞いたことがあります。

MXRのCarbon CopyはBBDを使っているようですが、何を使用しているか
情報がありませんでした。

EHのMemoryManとかは以前MN3005が使われていましたが、現状のものには
何が使用されているかわかりません。

Maxonの近年のものはMC4107DなるBBDを使っているそうです。
自社製作と聞きますが、OEM供給され本当の名前を持っているかもしれません。



※1なんちゃって機械式スイッチ
見た目は機械式スイッチのようですが、実際は奥にボタン式のスイッチが控えて
でっぱりが触れることでOn/Offしている電子スイッチ。
特徴として踏み込んだときにガチッという踏み応えがない、
分解が簡単に出来る、バネが柔らかく頼りないなどがあげられます。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129095961
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。