メニューへ

Buzzの基本的な使い方

Buzzの基本的な使い方のチュートリアルです。
マニュアルにも記載されていますし、内容も詳しいのでそちらも参照してください。
基本的にこの内容もマニュアルに準じていますが実績環境としてはMassivePackでの
インストールを前提にしてます。

Buzzのマニュアル 始めてみましょう
このサイト内のMassivePackインストール記事

まずはBuzzを起動します。

マニュアルにはオーディオデバイスのコンフィグ設定が最初にあります。
MassivePackにはBuzz Overloaderがインストールされているのでマニュアルと若干ですが
操作が違います。まずはデフォルトのままでいいと思いますが、
全く音が鳴らないような状況ならば、オーディオデバイスの設定を疑ってみると
いいかもしれません。

各部の説明や概念は以後の記事にて行ないますので今回は、
@Machineを追加する
AMasterと繋げる
BPattern Editorにて音を打ち込む
CSquencer Viewにてフレーズを登録し再生
DエフェクトのMachineを追加する。
E配線しなおし再生する。

といった手順を行ないます。
コンパクトにしたくてメイン記事は画像で作りました。

Buzz_man_103.JPG


これで「ダッダダダッダダ・・・」と色気はありませんが、とりあえず
音を出すことに成功できました。

コンパクトにしようしたあまり小さく見にくいかもしれません。
最初の一歩の手順としてはこのサイト以外にも色々あるので
自分にあったサイトを使うのもいいかもしれません。
このページをこなしてもまだまだわからないことも多いと思います。
とりあえず最初の一歩は踏み出したとなりました。

このページで重要なのは
・Machineを追加する方法
・各画面への移動方法
・配線の仕方
・再生/停止の手順
になります。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129195725
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。