メニューへ

テクノを作るのに用意するもの

テクノを作るのにまず何か必要かといえば、とりあえずPC一台で良いと思います。

PC上でこういった楽器を使用するのは、フリーのリソースが多く、PC1台のみと
いう省スペース、各楽器との同期を容易にさせられるといったメリットがあります。、
ハードウェアだと実際の配線にも気を使います。

ハードウェアはPCでの作業に関して限界を感じたなら導入すればいいと思います。
キーボードを演奏でき、MIDIを扱えるならばPCと接続できるキーボードやMIDI
コントローラーがあったらさらに作成に関してのストレスは軽減されると思います。

テクノはバンドで演奏するのとは違い、基本的にひとりで完結できる音楽です。
バンドはギター、ベース、ドラム・・・といったように役割分担を行い、演奏は
担当者によって行われます。演奏やフレーズに注文はできますが、最終的な
アウトプットは演奏者のパーソナリティが強く反映されます。
テクノの場合は、あらゆるフレーズ、音の編成、使用する音色などを
ひとりで構築、決定することになりますのでバンドでジャムって曲を作るなんて
ときより作業量は多くなります。

最低限必要な楽器は、PCのソフトウェアにて揃えることができます。
テクノで使われる楽器は主に以下のようなものがあります。

・シンセサイザー
電子的に音を合成する機材です。シンセ特有の音色の他、
既存の楽器の音を模すこともできます。

・サンプラー
音を録音し標本化することをサンプリングといいます。
サンプラーは既存の音を録音し、音程や長さ、音質などを変えたりして
再構築する機材です。

・シーケンサー
楽器の操作を人の手ではなく、予め入力されたデータをもとに
自動的に演奏する機材です。

・ドラムマシン
ドラム音に特化したシンセ、サンプラーのことです。

・エフェクター
エフェクター単体では通常発音することはありませんが、楽器の間に配線し
音を加工するための機材です。

これらの楽器はフリーでも公開されています。
このサイトで紹介しているJeskola Buzzなどは上記の全ての機能を内包してます。
DAWソフトは商用のものを使っている場合は、シーケンサー機能をサポートしてる
のはもちろんですが、プラグインとして各楽器をサポートしている状態だと思います。
プラグインに物足りなさを感じる状況ならばVSTを使用することによって
楽器の補強をすることができます。

基本的にはどのソフトを使用するかは個人の好みによりけりです。
実は楽器(ソフト)を手に入れる、使いこなすといったことがテクノ作成での
最初の壁になると思います。

沢山の専門用語が並び、概念が理解できないのでシンセやシーケンサーの機能を
使いこなせないといった状況になるかと思います。
こればかりはギターのFコードと同じです。克服するまでの過程が楽しめるかに
かかってます。
色々なソフトに触って自分の好みややりたい事を自覚していくのにも
フリーであることは助けになると思います。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130099857
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。