メニューへ

VSTの相性問題

VSTには相性が存在します。

うまく起動すれば問題ないのですが、起動しなかったり一部機能がうまく
動かなかったりします。

主に使用している環境の問題となり、他の人にはなかなか出ない問題とかも
あると思います。
原因はOS依存の問題だったり、特定のランタイムやダイナミックライブラリを
参照しているのに自分の環境に入ってなかったりといった比較的わかりやすい
問題からハードウェアやレジストリ、BIOSとの相性やセッティングなど
わかりにくいものまで様々です。

もし動作しないVSTに遭遇した場合、まずは簡単な切り分け方法として
以下の方法を試してみると回復が見込めるかもしれません。

・ホストを変えてみる
ホストアプリケーションに依存するエラーが結構あります。
主にホスト側がVSTのマルチアウトプットに対応し切れない場合とかに
見られます。一概に言えませんがGUIが表示されるのに音が鳴らないような
場合に一度ホストを変えてみるといい結果が得られることがあります。
SynthEdit製のプラグインにもホストとの相性が結構あります。

・スタンドアローン起動ができるものはそちらで試してみる
一部、スタンドアローンでもプラグインとしても使用できるソフトシンセが
あります。プラグインとして使用不可だった場合、一度単体でソフトを立ち上げて
起動するか確かめてみます。起動した場合、ホストとの相性の可能性があります。
立ち上がらない場合はPC環境に問題がある可能性があります。

・ハードディスクの容量を確認する。
ハードディスクの容量が少ないとうまく起動しないVSTなどがあるようです。
ディスクの容量を確認してみると状況が変わるかもしれません。

・動作前提を確認する。
起動するにあたって特定のライブラリなど別途インストールする必要がある
場合もあります。例えばMax/Msp環境で作られたものにはPluggo Runtimeが
必要なようです。なるべくインストールの前提条件を確認しましょう。

・バージョン違いで確認する。
古いバージョンなら動作するような状況があります。フリーウェアの場合
アーカイブとして旧バージョンが残っている可能性があるので、
試してみるといいかもしれません。
逆にアップデートされたものを試すとバグ対処され動作する可能性もあります。

簡単に解決できそうなのは、こんなもんでしょうか。。。

ここからは私の動作検証の結果、遭遇した不具合のメモです。
PCは2台で検証しているものが多く、片方で不具合が出るが片方では問題なく
動作するものが結構あります。
ハードウェア環境は全く違うので、差分から問題を推測することはできません。
PC A:デスクトップ、シングルコア、メモリ1G
PC B:ノート、デュアルコア、メモリ1G
サウンドカードはどちらも汎用品です。

・Independence Free
GUI表示したときに全面灰色。PC Aにて発生。
画面表示を16bitにすると問題なく表示された。モニタの問題?

・Proteus XV
起動できず。PC Bで発生。
メモリのアクセスにて問題?重大エラーとなってPCごと落ちる。
起動不可対処としてあるwnaspi32.dll入れ替え実施しても結果一緒だった。
スタンドアローンでも同様。PC Bでは起動できず。

・FX Pansion ORCA
壊れたプラグインとして認識。PC Aで発生。
対処わからず。。。






【VSTi/VSTの最新記事】
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。