メニューへ

Buzz:Machineのパラメータ

MachineパラメータダイアログとMachineのもつパラメータの
オートメーションの説明です。

Machineはその機能に応じて様々なパラメータを持ってます。
そのパラメータをコントロールするのがMachineパラメータダイアログになります。
MachineView上でMachine上でダブルクリックするか右クリック→Parametersを
選択することでパラメータダイアログを開くことができます。

持っているパラメータはMachineに依存します。
複雑なパラメータを持つものからシンプルなものまで様々です。

・タイトル
タイトルは2つに区切られ左側はMachineView上でのネーミング、右側は
そのMachineの実際のプラグイン名になります。
MachineView上での名前は変更することができます。

・プリセット
登録されたプリセットを呼び出します。

・パラメーターツールバー
Edit:プリセットの保存ダイアログを呼び出します。
   プリセットの保存ダイアログの使用方法を簡単に説明します。
    Add/Update:プリセットを保存します。
          プリセットを何も選択してない上で保存するときはAdd、
          上記プリセットを選択しているか、左側のプリセット名を
          選択しますとUpdateという表記になります。
          選択を解除したい場合は一度パラメータダイアログを
          非表示にします。
    Delete  :該当のプリセットを一覧から削除します。
    Import  :プリセットをインポートします。
          Buzzのプリセットは.prsという拡張子のファイルになります。
    左の一覧 :プリセットの一覧です。
    左下   :プリセットの名前の設定です。ここを入力しないとAddできません。
    右上   :コメントを記入するウィンドウです。
Copy:パラメータダイアログの現在の設定をコピーします。
   コピーした値はPatternEditorに貼り付けすることができます。
Random:パラメータダイアログの値をランダムに設定します。
[](Help):ヘルプを呼び出します。残念ながらほとんど機能しません。
     MachineによってHelpファイルが同梱されてます。

・トラックナンバー
各パラメータがどのトラックに適用されているかを示します。
例の画像ではトラックをひとつ増加し0/1となってます。

・パラメータ名
該当箇所のパラメータ名を示します。

・スライダーバー
バーにある■を動かすことパラメータの値をコントロールできます。
動かす方法としてはマウスでドラッグする他、クリックした後に←→キーでも
操作することができます。またパラメータダイアログは端をドラッグすることで
サイズを変更することができます。微調整が必要なときはサイズを変更して
稼動幅を変更することができます。

・パラメータ値
現在設定されているパラメータの値を示します。

WindowsXP(日本語版?)で使用すると配置がおかしいことになります。

パラメータダイアログは端をドラッグすることでサイズを変更することができます。
持つパラメータ分だけ縦に力技的に表示されます。
値をコピーしておいたうえでPatternEditorに貼り付けておけば初期化の役割を
します。
パラメータの変更にはマウス、キーボードを使うほかにマウスホイールを
使うと微調整ができます。またMIDIコントローラを使用することができます。
MIDIコントローラの使用については別途、項を設けようかと思ってます。

Buzz_man_113.JPG

次はパラメータ値のオートメーションの方法です。
一度打ち込んでおけば再生する都度、BuzzはMachineがもっているパラメータを
曲の進行とともに変化させることができます。

PatternEditorには下側にパラメータ値とパラメータ名が表示されてます。
これでオートメーションしたい箇所を選択し数値を入力します。

上記例1の画像には、既に数値が入力されています。
これで曲を再生することでJeskolaBass3のCutOffの値が数値入力された値に
変化します。試しに画像のように打ち込んだうえで、SequenceEditorに登録、
パラメータダイアログを表示させた上で再生するとパラメータが動いている
ことが確認できると思います。

また録音ボタンを押したうえでSequenceEditorに登録、再生して
パラメータダイアログの値を操作するとその変化をPatternEditorに入力
されます。これで音の変化を確認しながらパラメータの調整ができます。

なお、Machineには全ての機能をパラメータダイアログにてサポートしてません。
ノート、トリガなどの発音に関するパラメータはPatternEditorのみにサポート
されていることがほとんどです。
またGUIが付属しており、GUIでのみサポートしている機能もあります。
大抵、別途GUIを持つようなMachineは右クリックにてGUIを呼び出す機能が
サポートされてます。
例えばMassivePack使用の場合、New→Instuments→Subtracktive synthsis→
Jeskola ES-9を選択してみてください。
パラメータダイアログにはVolumeしかありません。
右クリックしてEdit...を選択するとGUIが表示されてES-9に対する詳細な
設定が可能になります。
こういったMachineの場合、パラメータのオートメションができません。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131577143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。