メニューへ

Buzz:Viewメニュー(CPU monitor/Preferences etc)

ツールバーにあるViewメニューには重要な機能が色々装備されています。

・CPU monitor
CPU monitorと各MachineがどのくらいCPUに負荷を与えているかをモニタリング
します。
 Machine Name:使用しているMachineの名前です。
 CPU Usage:個々のMachineが使用しているあなたのCPU使用量を示します。
 WM Errors:個々のMachineごとの現在の "workmode errors" の量を示します。
 Total CPU:これは現在Buzzが占めているCPU使用量の合計を示します。
 Debug Mode:開発者用で"workmode error"をカウントのロギング有効にします。
 Reset:workmode errorを0にリセットします。

・Hard Disk Recorder
Buzz標準の録音機能です。
詳細 作った曲を録音し保存する

・Master/Status Bar/Time/Standard
各種ツールバーの表示です。

・Skins
スキンを有効にするか選択します。

・Themas
Buzzの外見を変更できます。
Buzz Machine Comには他のテーマも公開されていると思います。

・Extend Hard Disk Recorder
CyanPhase BuzzOverLoaderによって拡張された録音機能です。
詳細 作った曲を録音し保存する

・Nomal Output/Output to Winamp
CyanPhase BuzzOverLoaderによって拡張された出力機能です。
Nomal Outputは通常のサウンドデバイス設定より音声出力します。
Output to WinampはWinampをインストールしてあればWinampより音声を出力する
機能です。

・Machine View Size
CyanPhase BuzzOverLoaderによって拡張された表示機能です。
Machine Viewのサイズを変更でき、MachineViewを使用時スクロールバーを
有効にするか選択できます。設定を変更した場合、適用にBuzzの再起動が
必要になります。

・Extended Options
拡張されたオプション機能のことです。Preferencesでは得られない機能が
サポートされてます。

・Preferences
Preferencesとは基本的な環境設定を行うセクションです。
 Wave Output:音声の出力デバイスを設定します。
        Extended Optionsの設定を反映するにはOverLoader Output
        Extensionsを設定しておきます。
 Wavetable:Wavetableを開いたときのデフォルトのフォルダを設定します。
       複数登録できます。これを設定しないとWaveTable上でフォルダ
       表示ができなくなります。
 MIDI Input:Buzzへ入力するMIDI関連機器の登録を行います。
 MIDI Output:Buzzから出力するMIDI関連機器の登録を行います。

CyanPhase BuzzOverLoaderにてサポートされる機能は別の機会にて
取り上げます。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131772622
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。