メニューへ

Psycle:作った曲を録音し保存する

作成した曲をwavとしてリスニングに適したファイル形式で録音し
保存することもできます。
Psycleではオーディオファイルでの保存はwav形式のみサポートしてます。
mp3などにしたいときには別途、形式を変換するソフトが必要です。


保存の方法にはリアルタイムでの録音とwavファイルへの書き出しが可能です。

リアルタイムでの録音は、Psycleを使ってライブ演奏する場合などに使用します。
ツールバーにあるDisk Recordアイコンを押し再生することでリアルタイム録音が
できるようになります。

書き出し保存の際は、PC内部での書き出しになりますので、テープレコーダーの
ように実際に再生させて保存する必要はありません。

メニューのFile→Render as wav...を選択するか
ツールバーにあるSave as Audio Fileアイコンを押すことで
録音用のダイアログが開きます。

Render as Wav Fileダイアログ
・Output
Output to file
 書き出す対象のファイルを選択します。名前や保存パスを変更する場合に
 使用します。
Save each unmuted input to master as a separated wav
 ここにチェックを入れるとMasterに接続されて口に応じて別々のファイルと
 して書き出しを行います。曲を作ったうえで最終的にACIDやKRISTAL、Luna
 などのソフトでミキシングしたい場合などに使用できます。
Save each unmuted track as a separated wav
 ここにチェックを入れるとtrackに応じて別々のファイルとして書き出しを行います。
 曲を作ったうえで最終的にACIDやKRISTAL、Lunaなどのソフトでミキシング
 したい場合などに使用できます。
Save each unmuted generator as a separated wav
 ここにチェックを入れるとgeneratorに応じて別々のファイルとして書き出しを
 行います。曲を作ったうえで最終的にACIDやKRISTAL、Lunaなどのソフトで
 ミキシングしたい場合などに使用できます。
Output to clipboard
 クリップボードに書き出します。クリップボードに書き出された情報は
 PsycleのWavEditorに貼り付けることができます。
Output to next free sample slot
 ver1.8.5ではサポートされていない機能です。

・Record
Record the entire song
 打ち込んである曲全体を録音します。
Record pattern number
 選択したPatternナンバーのみ録音します。
Sequence positions from
 選択したSequenceナンバーの範囲を録音します。
Line between
 選択したPatternナンバーのRow箇所のみ録音します。

・Sample Rate
 録音するwavファイルのサンプルレートを選択します。

・Bit Depth
 録音するwavファイルのビット数を選択します。

・Channels
 録音するwavファイルのモノ/ステレオ形式を選択します。

・Dither
 デジタル録音の量子化技術のディザー機能です。
Enable
 ディザ機能を有効にします。
Prob. Distribution
 ディザリングの形式を選択します。
Noise-shaping
 ディザで使用するノイズシェイピングのオプションのようです。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131994258
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。