メニューへ

Psycle:MachineパラメータとTweak

MachineパラメータとTweak機能の説明です。

PsycleNativeMachineを使用した場合は図1NativeMachineのような
画面になります。ツマミは丸型でダブルクリックするとデフォルトの設定に
戻ります。GUIのないVSTを使用した場合などもこの丸型ツマミの
インターフェイスが採用されます。GUIのVSTの場合はGUIが表示されます。

Machineパラメータ画面はNativeMachineを使用するか、VSTを使用するかに
よってツールバーのメニューが変わります。

・NativeMachine
 About
  Help:対象Machineのヘルプを表示します。
  About this Machine:対象Machineの作者などの情報です。
 Parameters
  Reset Parameters:全てのパラメータをデフォルトに戻します。
  Random Parameters:全てのパラメータをランダムに設定します。
  Open Preset Dialog:プリセットダイアログを開きます。
            Ctrl+pがショートカットになってます。
   名前入力欄 プリセットに名前を付けます。
   プリセット一覧 ストックされているプリセットの一覧がでます。
   Save 現在のパラメータ状態を保存します。
   Delete 一覧から選択されたプリセットを削除します。
   Import プリセットファイルをインポートします。
   Export プリセットファイルをエクスポートします。
   Preview チェックを入れると一覧から選択されたプリセットにて設定
        されているパラメータをプレビューできます。
   Use 一覧から選択したパラメータを適用します。
   Close プリセットダイアログを終了します。

 ・VST
  Programs
   Open Preset:fxb形式のプリセットを読み込みます。
   Save Preset:fxb形式でプリセットを保存します。
   Select Bank:VSTのBankの読み込みをします。
   Select Program:VSTのProgramプリセットの読み込みをします。
   Randamize Program:各パラメータの設定をランダムにします。
   Activete:VSTのOn/Offをします。プリセット名隣のボタンも同一機能です。
  < >
   プリセットの変更です。プリセット名隣の矢印ボタンも同一機能です。
  View
   Parameter List:パラメータリストを呼び出します。
   Bank Manager:プリセットダイアログを呼び出します。fxb形式では
          なくPsycleプリセットとして扱います。
          機能はNativeMachineのOpen Preset Dialogと同一です。
   Midi Chanel:Midiチャンネルの設定をします。
   Show Toolbar:ツールバーの表示・非表示です。
   About:VSTであることを表示します。飾りです。

  ツールバーのプリセットをクリックするとVSTのプリセット一覧が開きます。

psy_man_007.JPG

Psycle1.8.5にはTweak機能に関しては詳細な日本語マニュアルが付いています。
通常、C:\Program Files\Psycle\Docs配下にtweaking.japanese.pdfがあります。
なのでここでは簡単にまとめておきます。

Tweak機能とは要はパラメータのオートメーションです。
Psycleは、ノートの入力でなくオートメーションもまたトラックを使用します。

Tweak機能には大きくわけて三種類あります。
twk:設定した値にパラメータを変更します。
tws:設定した値に数値を連続可変させながらパラメータを変更します。
mcm:MIDI-CCにて設定した値にパラメータを変更します。

VSTでも基本的にはtwkでも事足りると思いますが、一部MIDI-CCのみでサポート
されているような機能がある場合はmcmを使用するといいでしょう。

・twk/tws/mcmの使い方
twk/tws/mcmはPatternEditor上で使用します。

Description: (1) (2)(3) (4)
Pattern Row : ---- .. .. ....

任意のラインにカーソルを合わせます。各機能にはショートカットキーが
割り当てられてます。デフォルトでは以下ののようになってます。
@:twk  Ctrl+@:tws  Shift+@:mcm
これらのキーを押すと(1)の箇所がtwk/tws/mcmに変化します。

(2)には変更したいパラメータ番号、(3)には変更したいMachine番号、
(4)には実際に入力したい値を入力します。(図2)

パラメータ番号はMachineView上で調べたいMachineをクリックしたあと
上部にあるParam設定を確認するか、Machineパラメータ画面上で
view→MachineParameterListを選択します。

録音ボタンを押してMachineパラメータのつまみやGUIの値を動かすと
twkとしてPatternEditorに記録されます。その場合はSequenceBarにある
Record tweakにチェックを入れておいてください。
この動作はMIDIコントローラを使用したときにも同様に行えるようです。

PatternEditor上の二つのtwk/tws/mcm上で右クリック→Interpolateを
選択するとその間の値を補完してくれます。
Linerの場合、始まりの値と終わりの値を直線的に補完します。
Curveの場合、グラフにて値の変更を操作できます。(図3)

簡単にですがTweakの基本機能の説明をしました。マニュアルには
詳しくわかりやすく書いてあるのでそちらを参照するといいでしょう。

使ってみた所感として・・・。
twsのパラメータの動き方は自分が期待しているより急激です。
これひとつで事足りることはほとんどなく結局twkと同じような使い方をします。
Interpolate(Curve)もグラフの最大値はFFFF固定ですが、実際のパラメータは
FFが最大値ものなども多く使える箇所が限られてきます。
こういったグラフ機能にUndo/RedoがないのもPsycleの欠点ですね。
さらにtwk/tws/mcmが混合している箇所でInterpolate(Curve)を使用すると
Psycleが強制終了することがあるようです。気をつけてください。

それのクセを踏まえた上でこの機能を使ったほうがいいかと思いました。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132092241
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。