メニューへ

Template

テンプレートとは、事前に作っておいたMachineの構成やフレーズを
実際の楽曲作成のときに呼び出し使用する機能です。
一つの楽曲内で複数のbmxファイルを読み込みます。

例えば事前にドラムのフレーズだけ、ベースラインだけ
コードを弾いてるパッドだけなどを用意をしておきます。

そしていざ楽曲として1曲作るときに事前に作ったネタから
選んで差し替えたりしながら楽曲を作っておきます。
普段、Machineの使い方などを学ぶ課程を無駄にしないで利用できます。

MassivePackにもテンプレートが用意されています。MachineView上で
右クリック→New→Load Templateにて用意されているbmxを確認できます。
ファイルを選べばテンプレートとしてインポートされます。
ツールメニューのFile→Import Buzz Song...を選んでも同じように
インポートされます。

noolmusic.comにて1000を超えるテンプレートが公開されています。
http://noolmusic.com/fat/templates.shtml

テンプレート用のbmxファイルは通常、
C:\Program Files\Jeskola Buzz\Gear\Templates
に保存することで右クリックのメニューから使用できます。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133079141
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。