メニューへ

Aodixの各画面説明

Aodixは主に二つの画面で作業します。

aodix21.JPG

・vst routhing画面
VSTを配線しルーティングする画面です。
BuzzやPsycleのようにワイヤーを結線しVST同士を繋いでいく方式ですが
マルチアウトプットを最初から想定されているインターフェイスをもって
おりより自由度の高いルーティングをシンプルに行うことができます。
Buzz・Psycleにくらべ(サンプラーやミキサーなどの)ユーティリティ機能の
オプションはありません。楽器やエフェクトなどの役割を果たす機能は
全てVSTで賄わなくてはなりません。

・Sequencer画面
所謂、打ち込みをする画面です。
トラッカーをベースにした打ち込み画面で上から下へスクロールして
いくのが特徴です。
簡易的なピアノロールを装備しています。
通常のトラッカーよりも細分化した音符の解像度を持ってます。
実際の音符を打ち込むときよりリアルタイムにフィルターのパラメータを
弄ったときなどのニュアンスを出したいときにより効果を発揮します。

実際に楽曲を作っていく作業においてはvst routhing画面にてVSTで音を作る、
その後Sequencer画面にて実際の音を打ち込んでいく作業となるでしょう。

aodix.JPG

●AudioMaster
曲に対する基本的な情報や設定を行う箇所。

●Sequencer(SEQ) Edit
シーケンサー(打ち込み)機能に対する設定を行う箇所。

●VST Instances
登録したVSTの一覧を表示、VSTのミュートやバイパスなど基本的な設定を行う。

●VST Parameters
選択したVSTのパラメータ一覧を表示・設定する。

●Information
インフォメーション表示。

●Vumeter
マスターアウトプットのVuメーター。

●MainView
メインエリア。シーケンス画面とルーティング画面を表示する。

●Menu
File:ファイル操作(new, open, save, import midi, bounce), configuration(設定)、exit(終了).

Edit:クリッピングボード操作(cut, copy, paste, select all, undo clipboard operation, quantize notes, interpolate values)

Help:Aodixのヘルプ



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。