メニューへ

VSTPACK

ひとつのベンダーが複数のVSTをパックで配布していることがあります。
普通だけど質の良いものを配布していたり、GUIがないのにユニークな
エフェクトを提供していたりベンダーそれぞれの個性があります。

とりあえず集めて書いておけば便利かなって程度に載せてあります。
一まとめにファイルが置いてないものでもシリーズ化しているものは
ここで取り上げてます。

mda
GUI無しの小品が多いので小粒感がありますが、意外に個性的に
エフェクトが並んでます。パラメータ類はシンプルですでの
使ったことのないエフェクトを覚えるにはとても良かったです。

Kjaerhus Audio
最初にVSTを触るならばここでしょう。
スタンダードなエフェクトが一通り揃ってクオリティも一定の水準を
満たしています。Classicシリーズと名乗るだけあってどアナログ的な
サウンドにチューニングされてます。

GVST
GUI有りの小品をパッケージしてます。スタンダードなエフェクトが
多い中、ピッチ補正でお手軽パフュームができるGSnapが有名です。
シンプルなんですが、どれも操作感にGVST特有のクセを感じます。

BUZZROOM
サイト下"Download OLD buzzroom VST Plugins Pack"をクリックすると
まとめて手に入ります。個別に落としたい場合はここ
マキシマイザーが有名ですが、どれもBUZZROOMらしさを持ったよく
チューニングされた音が出てきます。

BugsAudio
毒々しい?感じのGUIのプラグインが並びます。GUIは個性的な割りに
中身は割りと普通です。全体的にイマイチな印象しかありません。

SimulAnalog
ギターのエフェクター・アンプをVSTでエミュレーションしたVSTが
あります。GUI無しですが、特徴をつかんでいてよくできています。
Marshall JCM-900など「ああ、こういう音」って納得しました。

klanglabs
挙動にクセがあるものが揃ってます。VSTとしてリリースされている
プラグインなのにVSTi形式になっているものがあったりして・・・。
実用の点では出てくる音が好みから外れている印象です。

Sweet Boy VST
単体モノも置いてありますが、2種類パックの内容が充実しています。
まずはSH-1で、どれも及第点を付けられる出来です。
S and S VSTFX PackはGUI無しですがSH-1シリーズより細かいパラメータが
追加されています。特にここのフィルターがお気に入りです。
日本の方が作ったのでしょうか?日本語のReadmeが付属します。

Fruity Loops
失われたFruity Loops用のプラグインですが普通に使えます。
GUIはないのですが、私はここのフィルターが気に入っている
(FL、持ってますが...)のでとても助かります。
なんとなくBuzzMachineに通じる感触があります。

Reaper
Reaperのプラグイン集です。
高品質でDAWの製品にデフォルトで付属してくるようなプラグインばかりです。
どのプラグインもグラフィカルな機能が充実しており、シンプルなデザインで
パッとどのように使ってほしいのか把握できます。
またグラフィカルなパラメータをマウスでいじるだけで動的なエフェクト効果も期待できます。
フィルターとEQが特に好きです。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。