メニューへ

BuzeとBuzzの混合環境

Buzeの環境を一から作るのは面倒です。両方を混在する環境も作ることが
できます。
但し、現状で私がわかっている弊害は以下のようなものが考えられます。
・index.txtは両方同一のものを使用
・Polac VST(i)Loder最新版はBuzeが受け付けないので少し古いバージョンを
 使用する。
他にも弊害があるかもしれません。なにより作業の途中で環境を壊して、
動かなくなったり使用感が変わったりする可能性があります。
基本的には別々の環境を作ることをお勧めします。

混合環境を作ることは簡単です。実績としてBuze 0.5.8バージョンを使用
しました。0.5.9では何故かうまく作動しませんでしたが原因まで検証して
ません。
buze-0.5.8.zipを解凍し、内容をC:\Program Files\Jeskola Buzz配下に
コピー、上書きします。

Buze付属のReadMeファイルには、以下のファイルを上書きすることで
混合が可能のようです。

buze.exe
libsndfile-1.dll
Gear/Native/buzz2zzub.dll
Gear/Native/buzz2zzub.ini
Gear/Native/zzub_stream.dll

このインストール方法ならばindex.txt、index.plurなどの使用環境に関わる
ファイルの上書きが発生しないのでBuzzの作った環境を重んじたい場合には
こちらのほうがいいかもしれません。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。