メニューへ

エフェクターとは

エフェクターとは楽器やマイクでの集音による音源に効果を与える機能です。
音をエコーさせたり、低音を強調したりと様々な効果が期待できます。
音源→エフェクター→スピーカー(録音媒体)のような形で接続されます。

エフェクターには様々な機能があります。
ここでは基本的な機能を分類してみます。
便宜的に分類したもので2つ以上の機能の複合的・中間的なエフェクターも
あります。

ハードとして販売されているエフェクターは用途に応じて様々なものがあります。
主にギターを主体とした楽器用とレコーディング・PA用に使われるものとあります。

楽器用のものはライブでの使い勝手を優先し、フットスイッチによりON/OFF切換えや
一部機能の操作が行えるものが多いです。
マルチエフェクターといった複数のエフェクトが内蔵されているものもあります。

レコーディング・PA用のものは、ラック形式など楽器用のものより大型になって
いることが多く機能も楽器用のものより細かく設定できるものが多いです。

その他、ミキサー、シンセ、MTRなどに内蔵された形で提供されるものもあります。

DAWが発展し今まで、なかなか一般のミュージシャンに手に入りにくいエフェクターも
手軽に使用できるようになりました。ケーブルレスのため接続の形態もより自由に
なりセオリーに縛られない使い方が可能となってきています。

○歪み
「ゆがみ」ではなく「ひずみ」と読みます。
音を歪ますことで低音が潰れ、サスティンが伸び音質が変わります。
エレキギターでよく使われる「ギャーン」といったトーンは歪みによるものです。
エフェクターが発展する前は、アンプの音量を許容出力以上に持ち上げたり
入力ゲインをかせぐことにより歪みを得ていました。
その違いに明確な定義はありませんが代表的なものを3つに分類してます。

・ディストーション(Distosion)
一般的に歪みのエフェクターのことを指します。
通説ではオーバドライブより過激な歪みと説明されることが多いですが
種類によってその違いは大きく一概にそうとも言えません。

・オーバドライブ(OverDrive)
ギターアンプの歪みを模したような過大入力から作られる歪みのような
音を作るエフェクターです。その為、音質の特徴として丸みを帯びた
柔らかい感じの歪みのキャラクターになっていることが多いようです。

・ファズ(Fuzz)
壊れたミキサーの音の再現が最初と言われる歪みのエフェクターです。
特徴としてディストーションより過激な歪みと言われますが、実際は機種に
より随分異なります。低音が潰れた独特の歪みです。

ちょっと前まではこれらのエフェクターはギター専用という趣きでしたが
グランジやインダストリアルの影響か、ボーカルやドラムなどに使ったり
することも多くなりました。
プラグインでのエフェクトソフトが増えたことも気軽に色々な楽器に
使用できるようになった要因だと思います。
ギター用以外のプロ用アウトボードディストーションは見たことがない。。。

○残響
音に対し空間を演出するのに残響を付加するエフェクトです。
カラオケのエコーのようなエフェクトと言えばわかりやすいでしょうか?
現在、大なり小なり空間を演出するためには必ず音源のどこかに使用されて
いるエフェクトではないでしょうか?

・リバーブ(Reverb)
部屋やホールにいるかのような残響の余韻を付加するエフェクトです。

・ディレイ/エコー(Delay/Echo)
山彦のように原音を遅延させ出力させるエフェクトです。

これらのエフェクターはさらに細かく分類できますが、ここでは大枠のみです。
ディレイはその原理を応用したエフェクターが開発され、別途市民権を得ている
ものがあります。

○変調(モジュレーション)
シンセサイザーの機能の応用で変調をかけ、聴覚上ゆらぎを与えるエフェクトです。

・トレモロ(Tremolo)
周期的に音量が上下するトレモロ効果を与えるエフェクターです。
独特な効き方が多く、原音に対し大きく音色変化を感じるようなエフェクターが
多いです。

・パンニング<オートパン>(Panning)
トレモロの応用で周期的に左右の音量を上下することで音の定位を変え、
広がりのあるトレモロ効果を与えるエフェクターです。

・コーラス(Chorus)
ディレイの応用で原音に対し周期的に遅延時間を変化させた音を重ねることで
複数の音源が同時にユニゾンしているようなコーラス効果を与えるエフェクター
です。音に厚みや広がりを出すのに使用されます。
またディメンション、シンフォニック、セレステなどといった名称で
揺らぎの少ないコーラス効果が得られる応用エフェクターがあります。

・フランジャー(Flanger)
ディレイの応用でコーラスと原理はほぼ同じですコーラスより遅延時間がより
短くなってます。ディレイ音をフィードバックさせることで金属的な音を、
遅延時間のスピードの幅により「しゅわーん」という飛行機のエンジン音に似た
ジェットサウンドを得ることができます。

・フェイザー<ファイズシフター>(Phaser)
原音に対し周期的に位相を変化させた音を重ねることで、ワウとフランジャー
の中間のような独特な音色を作り出します。位相を組み合わせる回路をいくつ
組み合わせるかによって効果が変わります。

・リングモジュレーター(RingModulator)
原音と別の音を掛け合わせることで複雑な波形にします。人工的・金属的な
音になり音程すら変わったように聞こえます。

○音量制御
その名のごとく音量の制御するエフェクターです。地味な効果が多いですが
聞き手の印象を変えることの多い重要なエフェクターが揃ってます。

・ブースター(Booster)
出力を増幅してより音量を増幅するエフェクターです。主にギター用にファズの
応用の回路を使用しているものはブースターと言われてますが、DAWのプラグイン
などにもゲイナーという名前の似たようなエフェクターを見かけます。

・リミッター(Limter)
設定した一定値より音量を上げないエフェクターです。各機材へのオーバレベルに
よる物理的なダメージを避けたり、歪みを発生させないように高い平均音量を
得るために使用します。

・コンプレッサー(Compressor)
リミッターの応用でより細かいパラメータを調整できるようにしたものです。
音量を圧縮することでアタックを強調したり、サスティンを伸ばしたりと幅広い
効果が得られます。

・マルチバンドコンプレッサー(MultiBandCompressor)
コンプレッサーの応用で、周波数帯を分けて音量の圧縮することができます。
一般的にはマスタリング時に出過ぎた周波数帯に圧縮をかけて各周波数帯の
音量を整えるの使用されます。

・ディエッサー(Desser)
コンプレッサーの応用で、高音域の周波数帯のみに圧縮をかけます。
一般的にはサシスセソなどの歯擦音を押さえるために使用されます。

・エキスパンダー(Expander)
設定した一定値以下の音量を上げないエフェクターです。
サスティンある音源からアタックだけ取り出すような使い方をされます。

・ノイズゲート(NoiseGate)
エキスパンダーの応用で、設定した一定値以下の音量を遮断することで
楽器を弾いてないときのノイズを抑えるエフェクターです。

・マキシマイザー/ノーマライザー(Maximizer/normalizer)
原理はリミッターとほぼ同じですが、全体の音量を上げ音量の上下差を
狭くすることに特化しています。

・トランジェント
音の立ち上がり・立ち消えの質をコントロールするエフェクトです。
コンプ・エキスパンダーを足したようなエフェクターです。

○特定周波数の音量制御
特定の周波数に対し増幅や減衰を施し音質を変えるエフェクターです。

・フィルター(Filter)
特定の周波数成分のみ音を通しそれ以外はカットするものです。
特定周波数成分のみ強調するレゾナンスという機能がついているものがあります。

・イコライザー(Equaliser)
特定の周波数成分の音量の増減を行う音質補正するエフェクターです。
音作りのために積極的に活用されることが多いです。

・ワウ(Wah)
特定の周波数成分を増幅しますが、音質補正のためには使われず「ワウ」と
いった人の声にも似た効果を与えるエフェクターです。

○音程制御
原音に対し音程を変える効果を得ることができます。

・オクターバー(Octaver)
主にギター用でアナログ回路で音程を制御するのが難しかったために
比較的に安定した音程である原音に対しオクターブ上下の音を付加する
エフェクター。

・ピッチシフター(PitchShifter)
ディレイの応用で原音に対し任意の音程に変えた音を出力する。

・ハーモナイザー(Harmonizer)
ピッチシフターの応用で原音に対し音階に沿った形で音程に変えた音を出力します。

・ピッチ補正/オートチューン(PitchCorrection/AutoTune)
ピッチの危ういボーカルなどの修正・補正のために使われます。
最近ではPerfumeのボーカルのように「ロボ声」を作ったりするために積極的に
使用されたりします。


○その他
分類が難しいもの、或いは分類するのにあまり意味の無いものを取り上げます。

・サチュレーター(Saturator)
真空管やテープレコーダのようなアナログ機材に信号を入れると機材の特性で
自然な音圧上げを期待できます。その特性をシミュレートしたデジタルならでは
のエフェクターです。但しものによっては機能的にアンプシミュレーターと
呼べるようなものもあります。

・アンプシミュレーター(Ampsimulator)
ギターアンプは、真空管で設計されたり専用のスピーカーを使ったりして
中音域に独特の特性を持っています。そういったギターアンプの特性を
シミュレートしたエフェクターです。

・サラウンド(Surround)
通常、音楽用の音源は左右2チャンネルでミックスされますが、その音像を
音の上下を感じさせる3D的な奥行き、立体感を出すエフェクターです。
アコギのボディの鳴りをシミュレートしたエアーというエフェクターもあります。

・ローファイ(Lo Fi)
古いレコードの質感やカセットテープのヒスノイズなどを再現するような
音質を汚すエフェクトです。ものによってはディストーションのように
音を歪ませるだけのものはあります。また古いデジタルサンプラーの音を
再現させようとするビット落とし(Bit Reduction)呼ばれるものもあります。

・タイムストレッチ(TimeStretch)
ループファイルなどを音程を変えずにテンポのみを変えるエフェクターです。

・エキサイター/エンハンサー(Exctier/Enhancer)
倍音成分を歪ませ音を明瞭にするエフェクターです。

・ボコーダー(Vovoder)
一般的には人の声をシンセサイザーなどの楽器を合成させ機械的な音を作り
出すエフェクターです。

・トーキングモジュレーター(TalkingModulator)
スピーカーから出力した音を人間の口で共鳴させ、人の声のようなイントネーション
を与えるエフェクターです。


【楽曲作成と音作りの最新記事】
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。