メニューへ

ライトハンド・タッピング

エレキギターでのライトハンド・タッピングについて取り上げます。

エディ・ヴァン・ヘイレンが登場しこの奏法はインパクトをもって紹介されました。
以降HR/HMギタリストが多くこの奏法を取り入れてました。

その後、ジャズではスタンリー・ジョーダン、アコースティックでは
マイケル・ヘッジスが発展させかなりバリエーションが広がりました。
またスティックなどのタッピング奏法を中心に演奏するような楽器も開発され
ました。

タッピングを取り入れるメリットとしては、早いパッセージでも比較的簡単に
弾けるようになることだと思います。
好きな見方ではありませんが、右手がネックにきていることがテクニカルな
プレイに映るかもしれません。そういったハッタリ的な要素もあります。

特殊な奏法に位置するプレイですし、正直取り入れなくてもそんなに
困るプレイではないと思いますが・・・。
もはや今の時代となっては音程差があるフレージングでもさほどトリッキーに
響かないと思います。



・三連フレーズ

とりあえずライトハンド・タッピングの講座や説明には必ずついてまわる
三連フレーズです。
実際にこのフレーズはさほど難しくないと思われますし、エレキギターを
手にした方の多くは一度くらいこのフレーズを試しているのでは
ないでしょうか?

tap001.JPG


とりあえず基本となるフレーズですが、あまりにライトハンドではお決まりな
響きとなってこのままではちょっと実際に使いにくいフレーズだと思います。
実際にこれが弾けてもそのまま楽曲に使うのは相当勇気が要ります(^^;)

左手から始まる場合は最初の音をピッキングするか、左手のタッピングから
始めるかの方法があります。


・コードトーン・弦移動・ポリリズム

三連フレーズから少し発展させたパターンです。
コードネームに合わせストレートにコードを変化させてます。
ルートが最低音になってますが、コードトーンを転回形にしてもいいと思います。
コードが変わるタイミングで弦の移動もしています。
3つの音を16分音符で弾くことでポリリズムぽくなってます。

tap002.JPG


この位のテンポならばかなり曲っぽくなってきますが、
これでもベタな感じがしてます。

・テンション・開放弦

先ほどのフレーズではコードに合わせてベタな移動をしてました。
今回のフレーズでは持続音的な音を挟むことで、ベタな移動感が薄れ
結果的にコードに対しテンションを含むタッピングになってます。
開放弦を使う場合はその曲のKeyが問われます。

tap003.JPG


細かいところで言えば、Cの場合はCadd9、Gの場合はGMajor、Fの場合はF6の
響きのイメージになります。

・スケール・4音パターン・横移動

先ほどまではコードの流れを意識したフレージングでしたが、
こちらはスケールをブロックに分けたフレージングです。
ブロックが4音で形成されてますので左手は3音使うことになります。
また同一弦で横に移動していっています。

tap004.JPG




右手から始まるフレージングばかりですので、比較的リズムを取りやすいとは
思いますが、リズムキープするためには右手より左手のほうが重要になって
くることが多いです。
ストイックに練習するならば、右手先行のフレージングのみならず
左手から始まるフレーズでも練習してみたほうがいいでしょう。
運指のパターンで考えれば3音のブロックでは6パターン、4音のパターンでは
24パターン考えられます。

tap1_2.JPG

tap2_1.JPG

タッピングは上記のようなシーケンシャルなフレーズを得意とします。
あらかじめアレンジとしてこういったフレーズを挿入しておくケースが多く
なると思いますが実際に楽曲の中で使用する場合は、少々唐突な感じもします。
HR/HM系ならいいかもしれませんが、もうちょっと自然な流れの中で
使えたほうがいいと思うのです。

スケールの上行・下行をするならば以下のような運指になると思います。
こういったフレージングだと弦移動と同時にポジションの移動も行なうので
余計な音を鳴らさない注意が必要となってきます。

tap3_1.JPG

横移動と縦移動を伴うことで同じポジションでフレーズを繰り返すという
タッピング特有のマンネリ感を緩和することができます。
以下のフレージングですとメカニカルなのでもうちょっと違う運指パターンを
ランダムに入れることができれば、より自然な感じになるかもしれません。

tap5_1.JPG


意外に難しいのは2音1ブロックのフレーズです。
今までのフレーズは左手でリズムを支えていましたが、左右のコンビネーションで
リズムを支えることになります。

tap4_1.JPG

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。