メニューへ

Image Line DirectWave(DEMO) 導入編

http://www.image-line.com/documents/directwave.html

Image Line社が販売しているマルチ音源・サンプラーです。
WAV、Soundfont、AKP、Propellerheads Recycle、Native Instruments Battery
Kontakt *(nki)、GIGA *(gig)、eMagic EXS24の形式をサポートし
VSTiもサンプラー内に取り込むことができます。
マルチティンバー音源として使用できるようです。

専用ライブラリはソフトから直接ダウンロードします。
商用は9GBに及ぶライブラリを使用可能のようですがフリー版は約200MBのみで
プリセットの保存も不可です。
その他、詳細がわかりませんが、Zone、Sampleという項目がブラックアウト
して使用できません。

やはりお試し版ということで、サンプルの音色は実用に微妙なものが多いですが
サウンドクオリティは高くImage Line独特のセンスの良さを
感じられるのでNI社のフリー系よりは使用機会が多いです。
またサンプラーとして機能が強力です。サウンドフォントはsfzのような
シンプルなソフトと比較すると格段に使いやすくなります。
(プリセット不可がかなりのダメージですなあ)
ホスト側で保存すればDirectWaveの現状は保存してくれるようです。

○ダウンロード
上記URLから「Win demo/Installer」の項をクリックし
インストーラーをダウンロードしてください。

○インストール
1:インストーラーを起動します。「Next」→「I Agree」とクリックします。
2:FL Studio用のプラグインもインストールするか選択します。
 VSTiでしか必要ない場合はFL Studio Pluginからチェックを外してください。
 選択を終えたらNextをクリックします。
3:インストール先のフォルダを選択して「Next」をクリックします。
 FL Studio Pluginをインストールする場合はそのインストール先も選択します。
4:確認が出ますのでInstallをクリックします。

本体はこれだけでインストール完了ですが、専用のフリーライブラリは
別途ダウンロードすることで使用できるようになります。

○ライブラリのインストール
1:任意のホストからDirectWaveを立ち上げGUIを開きます。
2:SAMPLEFUSION項にあるSelectPreset▽をクリックします。
3:表示されたポップアップからOnlineをクリックします。
4:ツリー下層のほうに黄色い文字で...(free)と表示されているライブラリが
 あるのでクリックするとダウンロードが始まります。
 例:Online→Orchestral→FL Keys→FL Keys Ana Clave(free)
5:SelectPreset▽のDownlodedにダウンロードしたライブラリが登録されます。
 以後、ライブラリを選択することで音色は発音することができます。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。