メニューへ

Delay

こちらではディレイのVSTを取り上げます。

ディレイとは山彦のように原音を遅延させ出力させるエフェクトです。
シンプルで効果も解りやすいエフェクターですが、使い道も幅広く
使用頻度も高いです。
ディレイはハードウェアで作るとなると結構大変なエフェクターですが、
ソフトウェア上では比較的簡単に作成できるエフェクターのようです。
そのためかシンプルなディレイってのは少なく、+アルファとなるべき
キャラクターを備えているVSTが目立ちます。
VSTのディレイには機能的に個性を打ち出しているものと、
アナログディレイやテープディレイなどのビンテージ機材の模しているものが
主な個性でしょうか。
個人的にはどのDAWソフトであってもスタンダードに使える、
挙動が安定して軽く、操作が簡単かつストレスないような使い勝手のいいものが
欲しいと思ってますがなかなかぐっとくるものがなく、最初に使ってみるのは
各DAWソフトにバンドルされているシンプルなディレイプラグインをチョイス
することが多いです。
発表されている数も多いので、チョイスするのもそれなりに時間がかかります。
パックものの中にはシンプルで使いやすいディレイがあるので
<この記事>もチェックしてみてください。

・フリーで手に入るディレイVST


Mdsp@Smartelectronix AnalogDelay

imgMdsp_Smartelectronix_RDelay.jpg

Download Link

最初使ったときにはイマイチその良さが解らなかったのですが、
最近はよくチョイスするようになりました。名前通りアナログディレイの
エミュレーションです。
フィルター部分やサチュレーターはいいとしてディレイタイムが2つ書いてある
など挙動を掴み難かったのがイマイチと思っていた原因でした。
右のmax delayを最大値として真ん中のディレイタイムの幅が決まるようです。
ディレイタイムを動かすことで再生スピードを
変えたりするDUBで使用されるテクニックが比較的違和感なく行うことができます。
ソフトウェアのディレイのディレイタイムを動的に変えるとプチノイズが発生
しやすいのですが良く出来てます。動作も軽いのも嬉しいですね。

Mdsp@Smartelectronix DuckDelay

imgMdsp_Smartelectronix_DuckDelay.jpg

Download Link

MDSPからもうひとつ。ダッキングディレイです。
ダッキングディレイとはゲートの入ったディレイで、スレッシュルド以上の
音量のときにはディレイの効果を付けずスレッシュルド以上になるとディレイを
付けます。その為、楽器音の減衰の余韻や休符のみディレイを付加するものです。
一つのディレイにあれこれと機能を入れるのではなく、単一機能に絞ってくれる
ことで使い手としてもダッキングディレイを使いたいときに最初にチョイス
してしまいます。

arcDevNoiseIndastries ET-200

img_et200.jpg

Download Link

シンプルかつアナログの質感が出ているディレイです。
その感触はBoss DM-2にもよく似た感じが出せていると思います。
インプットボリュームがあるのもいいです。

Blechturmstudios BST Simple Delay v2.3

img_simpledelay.jpg

Download Link

SimpleDelayとありますが、意外にシンプルにまとまってません(笑)
ゲート機能があり入力の段階でゲートをかけることができます。
モジュレーションホイールでフィードバックの調整ができます。
一瞬機能に戸惑うボタンなどもあるので意外に使用感にはクセがあります。
サウンドはテープモードでもET-200やRetoroDelayのような過剰なアナログ
ディレイ感はなくソースを選びません。

Blechturmstudios BST TremoloDelay

img_tremolodelay.jpg

Download Link

BSTよりもうひとつ。こちらはさらにクセがあり名前の通り
効果としてはディレイというよりトレモロに近い感じです。
イマイチ各パラメータの挙動が掴みにくいのでエフェクトのもつポテンシャルを
読みきれてません。アイデアとしては面白いのですが実用性は限られた範囲です。
とはいえこういったエフェクトは思いしなかったところでハマったりするので。

DanielBossHard AnalogicDelay/Bionic Delay

AnalogicDelay
img_analogic.jpg

Bionic Delay
img_BionicDelay.jpg

Download Link

サイトには多数のディレイプラグインが公開されています。
チョイスしたAnalogicDelay/Bionic Delayはホストとテンポ同期したリズムを
返すシンプルなディレイです。このサイトにあるプラグインはJsMagnetと呼ばれる
テープサチュレーションプラグインを別に使用しており、どのプラグインも
ディレイ音の質は似ているので好みに応じてチョイスすればいいと思います。
個人的には音、動作、使用感も好みでないためあまり登場の機会は少ない感じ。


e-phonic TapeDelay v0.2/RetroDelay v1.03

TapeDelay
img_tapeDelay.jpg

RetroDelay
img_e-phonicretoroDelay.jpg


Download Link

e-phonicより2つのディレイを。
TapeDelayはシンプルなディレイです。GUI上では細かいパラメータの設定は
できないので使用感も含めアナログディレイのようです。
DAWで使用するとなるとちょいとシンプルすぎる感じがしますね。
RetroDelayは多機能ディレイです。
ディレイタイムやフィルターにLFOがついていたり、ディストーションが
あったり・・・ですが、ディレイタイムの設定も含めちょいといい感じに
持っていくの時間がかかるので楽曲作成している最中では煩わしくなってしまい、
昔メインでしたが最近は出番が減ってます。とはいえ個性的ではあります。
挙動はどちらも軽いです。

bigtick HEXALINE

img_big tick HEXALINE.jpg

Download Link

HEXALINEは正統派なディレイというよりモジュレーション系としての性格が
強くどちらかというとコーラス・フランジャー的な色合いです。ディレイタイムも
50msとなりますが長いディレイタイムでのジェットサウンドが個性的です。

bigtick DualDelay

img_DualDelay.jpg

Download Link

bigtickよりもうひとつ。こちらはシンプルなステレオディレイです。
特に操作に迷うこともないでしょう。

Scuzzphut echographz

images.jpg
Download Link

GUIが秀逸なステレオディレイです。
ディレイタイムとパンをGUI上のボールによって操作できます。
騙されそうになりますが3D効果というわけではありません。
直感的に操作できるのはありがたいものです。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。