メニューへ

Andreas Ersson Iblit/polyIblit/ErsDrums/LazySnake

Andreas ErssonはVSTiの他、BuzzMachineも作っていたりします。
レトロというか、独特のチープさがある音源が特徴です。

・Iblit
img_iblit.jpg
Download Link

モノフォニックシンセ音源です。
3オシレータ、その他基本的な機能でうまくまとまってます。
プリセットにはオシレータのチューニングを弄って和音出すなんて
力技もありますが、モノシンセの魅力といえば単音の説得力に
尽きるかと思います。その点とても良質です。

・polyIblit
img_polyiblit.jpg
Download Link

こちらはポリフォニックシンセ音源。
LFOやフィルター部分などが増えていますが基本的にはIblitと
使い方は一緒です。出音も似てます。
Iblitもそうですがフィルターの効きが鋭いです。
アナログシンセのそれではありません。

・ErsDrums
img_ersdrum.jpg
Download Link

BuzzMachineのErsDrumそのまんまのチープなドラム音源です。
生音を望むのではなく、古いリズムボックスのような音色で
太さやクリアさを求めるVSTiでしょう。

・LazySnake
img_lazysnake.jpg
Download Link

エレピ音源。といっても出音はシンセっぽく幅広いです。
Iblitと違い、トレモロの他にワウやディストーションなども装備して
ます。

どれも楽器としての基本性能が高いです。
デモはこれらの楽器を使っています。



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。