メニューへ

叩き技

最近のソロギターの世界では打楽器のようにギターを叩く技が使われてます。
しっとりしたイメージのソロギターですがアグレッシブなリズムを
前面に出すとまた面白いです。

●スラッピング

元々はベースのテクニックですが、ギターでやっても面白いです。
親指で弦を叩いたり、その他の指で弦を引っ張ったりします。
弦に指を添えるときに出るノイズすらゴーストノートにします。

slap1.JPG

譜面は少しわかりにくいのですが、Tが振ってある6弦の箇所は
親指で弦を叩いています。
pmの表示になっている×部分は左手の中指薬指でハンマリングする
ように指を当ててミュートしゴーストノートを出します。
pmの振ってない×部分は右手人差し指を弦に当ててゴーストを出します。
右手人差し指を当てた勢いでそのまま4弦5弦は引っ張っています。
弦の太さにもよりますが、あまり強く引っ張ると音が暴れるので
割と軽めのタッチで引っ張ります。



●弦を叩く

こちらは人差し指で複数の高音弦をまとめて叩く技です。

slap2.JPG

Tが振ってある箇所で右手人差し指で弦を叩きます。
最後は12フレット付近を叩くことによってタッピングハーモニクスを
出しています。
最初は強く叩いてしまってますが、コツとしてはあまり強く叩かないと
弦を普通に弾いている音と音量差があまりでません。
叩いた後にすぐに弦から手を離すことも重要です。



●ボディを叩く

ボディを叩きパーカッション的な音色を得ます。
ピックアップのみエレアコの場合、音量が大きくないと
ボディを叩いたときの音を拾ってくれなかったり
意図しない軽い音だったりします。
マイクを使うのが一番なんですが、ライブだとそうもいかず
ラインの音だとなんだかショボくてがっかりしてしまいます。

こちらは記譜できないので譜面は割愛しますが、
ドンといったバスドラム的な音は右手の手のひらの柔らかい部分を、
タンといったスネア的な音は右手親指の硬い部分、
カララといった三連譜の部分は右手薬指・中指・人差し指の爪を
ボディに当ててます。このときコードは左手のタッピングで音を
出しています。
機材環境やギター、叩く場所によって音が変わるので自分の機材で
色々試してみるといいと思います。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。