メニューへ

アンプリファー

アンプリファーは音量を調整するための機能です。
アナログシンセサイザーではその回路方式からVCA(Voltage Controlled Amplifier)
と呼ばれることがあります。

基本的には音量を調節するだけのセクションですので地味な存在です。
通常はマスターボリュームとして単純に音量を変える機能です。
回路の構成によってフィルターや内蔵エフェクターなどの効き方が
変わるような効果があります。

キータッチに対するベロシティ変化もこのセクションで対応します。

実際には積極的に音色にコントロールするためにはエンベローブや
LFOと組み合わせたりします。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145060915
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。