メニューへ

マンドリンのピック

通常、マンドリンを弾くときにはピックを使用します。
一応、マンドリン用のピックがあり特徴としてギターで使用されるものより細身です。
材質には鼈甲が良いと言われてますが、どうでしょう?
結局、広く安価で流通して厚みや硬さ、形状などバラつきが少ないセルロイドやナイロンの
ピックのほうが使い勝手がいいように思えます。

様々な方がピックの形状や厚み、材に対して言及されていますが、
手の形状や手首の強さなどによって個々それぞれ違う音がすると思いますし
好み=目指す音も変わってくるので色々試すことになると思います。

私的にはこの色々試す・・・という過程が重要だと思います。
質の違うピックを色々使用することで、自分の好みや弱点を確認する機会と
成りえると考えています。

私は基本的にはピックを使用する際はギターの項でも紹介した
Yairi製のサムピックを使用しています。
マンドリンのピックより厚めで幅も広いですが、今はこれで落ち着いてます。

私が学生だったころは既に鼈甲のピックは貴重品でした。
インターネットが普及して通販にて鼈甲のピックは手に入れやすくなった
ように思えます。
ただ楽器屋さんで手に入るようなピックで大抵は十分だと思います。
・・・私の使用しているピックは店頭でなかなか見かけないんですが。


【マンドリンハードウェアの最新記事】
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150544979
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。