メニューへ

Wave in recorder

Internal MachineのWave in recorderはPsycleにマイク入力や
MidiSWシンセサイザなどサウンドカードミキサーを経由した音声を
Psycleを経由して出力することができます。

Wave in recorderはGeneratorとして扱われます。
Masterに繋がなければサウンドが出力されないのは通常のMachineと一緒です。

設定項目はシンプルでキャプチャーするためのデバイスを選択とゲインコントロールしかありません。

例えばWindowXPの既定のMidi音楽再生に使われるデバイス、Microsoft GS
Wavetable SW Synthの録音などをする場合は以下のように設定します。

1:サウンドカードミキサーを適切レベルに設定します。
  通常、右下のオーディオアイコンの右クリック→ボリューム コントロールを
  開くを選択すれば調整できます。
2:Psycleを立ち上げ、Wave in recorder→(Effect)→Masterの順に
  結線します。
3:Psycleでリアルタイム録音をするにはRecord to .wav(Disk Record)
  アイコンをクリックし適当なファイル名を入力してください。
  Record to .wavアイコンの機能は再生中にのみ起動します。
  注意しましょう。

Webやライン、マイクインの音声もPsycleで録音することが可能です。
あえてPsycleを使用する意味があるかわかりませんが。
設定によってPsycleからの出力もオーディオミキサーに返されるので
フィードバックには注意しましょう。

またstandard MME Waveout outputを使用すると結線したとたんクラッシュするようです。
PsycleのデベロッパーJAZはASIOかdirectsoundを推奨しているようです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152552289
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。