メニューへ

Jeskola Tracker

BuzzMachineの中で最もシンプルで使いやすいTrackerです。

WaveTableの使い方とMtrkの使い方はこちら

以下のパラメータを持ってます。
(左から-)
・Tick Subdivide
・Note
・Wave
・Volume
・Effect
・Effect Data

さらにエフェクトは以下の機能を持ってます。
01 - Volslide Down
02 - Volslide Up
03 - Porta Down
04 - Porta Up
05 - Tone Porta
06 - Vibrato
0A - Wave Offset
0B - Detune
0C - Note Cut
0D - Note Delay
0E - Retrig


右クリック>Import Moduleから.mod形式のファイルを読むことができます。
.modファイルを読み込むとWavetableにmodファイルに含まれるInstumentsファイルが登録されます。

JeskolaTrackerは基本的に.modに準拠したファイルしか鳴らせないようです。
8-bitPCMしかサポートしていないようなので16-bitPCMのwavファイルは鳴らせないので
注意しましょう。
現在では使いにくいMachineかもしれません。

NewBuzzのせいか?Tick SubdivideとEffectの効果が確認できませんでした。
.modはこちらを参照してみてください。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。