メニューへ

Buzz betaとNew buzzの混在

New buzzをインストール後、Buzz betaは通常使用できなくなります。
通常、Windows XPで「問題が発生したため、Buzz.exeを終了します。ご不便をおかけして
申し訳ありません。」というダイアログが出て起動できない場合は対処法があります。
C:\Program Files\Jeskola Buzzの"Buzz.exe"をプロパティで『WindowsNT4.0 互換』にする
ことで大抵動きます。
wikiにある11-MidiCCout.dllがあると立ち上がらない問題には遭遇したことがまだ
ありません。ただどのMachineか忘れたのですが、追加したらBuzzが立ち上がらないことは
ありました。
これらの対処していてもNew buzzをインストールすることBuzz betaは使えなくなって
しまいます。

しかし以下の手順でその両方をひとつのPCに混在できるようです。
実績を作りました。今のところ問題は出てません。

MassivePackでインストールした場合、Buzz Fix Kitが同梱されてます。
C:\Program Files\Jeskola Buzz\Tools\BuzzFixKit
またはスタート→Jeskola Buzzからbuzzfixkit.exeを起動させてください。

"Do you want to open FixKit help file?"と聞かれます。
「OK」にするとマニュアルが開きます。ここは「キャンセル」でも結構です。

ライセンス情報が表示されるの「I Agree」を選択します。

下画像のようにFixにある
・Remove Buzz registry branch
・Remove Buzz path from registry
・Remove Theme registry rntry
にチェックを入れてNext>をクリックしてください。
buzz_man008.JPG


次の画面も「Start!」をクリックするとアクションが始まります。
BuzzFixKitの動作が終われば両方使えるようになっていると思います。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155724954
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。