メニューへ

ハンマリング・プリング

基本的なテクニックであるハンマリング・プリングのアイデアです。
フィンガリングの強化になります。

ハンマリング:弦を指で押さえる(叩く)ことでピッキングせずに音を出します。
プリング:弦から指を離す(引っ掛ける)ことでピッキングせずに音を出します。

ハンマリングとプリングを以後、H&Pと呼称します。

・ニュアンスの違い
ピッキングしたトーンとH&Pを使用した場合、トーンに違いがでます。
H&Pを使用するとノート同士が継ぎ目なくレガートに繋がります。
一方でスタッカートや細かく休符を挟むことはできない弱点もあります。

音源は最初は全てピッキングしてます。
次に譜面のようにプリングを入れています。

hp1.JPG




・フィンガリング
H&Pはスピードプレイにも使用されます。
特に弦につき三音のプレイは定番です。

hp2.JPG



・トリル
H&Pを素早く繰り返すことをトリルと言います。
基本的にはビブラートの代用テクニックとして使用されます。

hp3.JPG



プリングは難しい?
慣れないとプリングは難しいです。
コツとしては左指で引っ掛けて音を出す際は、フィンガーピッキングをイメージして
弦を弾くようにします。
最初は余計な力が入って早いプレイは出来ないかもしれませんが、
スピードよりトーンを大事にしたほうが、良いと思います。

hp4.JPG

単純な練習ですが、こういったことの積み重ねてひとつひとつの
テクニックの精度を確認していきます。
このパターンの場合、
(1)人差し指+中指
(2)人差し指+薬指
(3)人差し指+小指
で確認します。安定してきたらトリルにしたり
指の組み合わせを変えてみたりします。



ピックアップ
特に連続したH&Pやスライドなどのテクニックと複合的に組み合わせた場合、
トーンの音量が足りなくなりがちです。
ピックアップは高出力なハムバッキングのほうが、そういったテクニックと
相性が良いです。
当然、歪みのゲインが高めだとH&Pで簡単に音を出すことができます。
その際はノイズも出易くなります。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159178618
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。