メニューへ

Boss比較 FZ-2vsFZ-3

THE SPOIL/WISHING YOU'RE HERE 貴方がここに居てくれたなら…。という曲をご存知でしょうか?
私の勝手なイメージですが日本製の古いファズってこの曲のギターのような音がするんじゃないかと
思っています。

IMG_2112.jpg

BossからのFuzzは現行ではFZ-5が販売されています。
FZ-5に限らず最近のBossのエフェクターはデジタルで回路は構成されているようです。
FZ-2とFZ-3はアナログです。
一時期は中古品も少し高値で取引されていたようですが、最近は落ち着いてきたようです。

FZ-2 HYPER Fuzz。相変わらずなネーミングセンスですが、その名に違わずモダン多機能ファズです。
FUZZT/FUZZU/GAIN BOOSTの3つモードを持ちTreble/BassのToneを持ってます。
FUZZTは低音よりのFuzzでFZ-3とキャラが若干かぶってる感じです。
FUZZUは高音よりで国産ファズっぽいと言われるのはこのトーンでしょうか。
GAIN BOOSTは・・・なぜここにこの機能があるのか理解に苦しむハイパーぶりです。
レベル機能は使用不可となりトーンとゲインだけ調整できるブーストエフェクターになります。
これが意外にいい機能で、一応レベルはFuzzの歪み具合で調整できます。
FZ-2の特徴として、トーンがかなり効きの良いことが挙げられます。
倍音の出方がFuzzらしく良い意味で不自然で、その不自然さをトーンでコントロールできます。
特にTREBLEを上げるとアッパーオクターブが追加されたような倍音が強調されます。
和音を弾くとオクターバーが誤動作したような音もいいです。
特に歪みを下げても和音が乱れるのが独特です。

FZ-3は3ノブになり、FZ-2に比べると機能的にもシンプルになってます。
スムースな歪みです。トーンは古いFuzzの個体差を再現するためのものと触れ込みで
あまり幅は広くありません。
Fuzzface的ではあるんですけど、どこかBossらしい優等生な感じが残ります。
単体でも十分歪むのですが、FZ-2より歪みも少ないようです。
FZ-2のModeTを無難に使いやすくした感じでしょうか。
このエフェクターはグレーのFuzzFaceっぽい塗装で、それが一番このエフェクターの
一番良いところかもしれません。

好みによるのでしょうが、暴れるFuzzが欲しいならばFZ-2で落ち着いたFuzzが欲しいならFZ-3で
しょうか。
どちらもちょっと平坦というか、ギターの個性よりエフェクトの個性が前面に出る音です。
どちらもギターボリュームへの追従性はあまり良くありません。
いっぽうでワウを前段にかましたり、ハムバッカーでも使えるといったメリットも。
ギターの違いよりアンプの違いにより音が変わるようです。練習用の小さいアンプだとイマイチです。

既に比較音源をよく見かけますが、FZ-2のModeTとU、FZ-3の比較音源です。
ツマミはLevel・Toneはどれも12時、Fuzzは3時の方向です。
FZ-2はツマミのセッティングでかなり音が変わります。
FZ-3はあまり設定の幅は広くありません。



FZ-2に日本の古いFuzzの幻影・・・WISHING YOU'RE HERE 貴方がここに居てくれたなら…。の
ような音を期待していたのですがちょっと違いました。
ですがこの2台、どちらも大好きなFuzzです。
【ギター用エフェクター/アンプの最新記事】
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。