メニューへ

Boss MD-2

MT-2を試してみたいのですが、こちらのほうが先に手に入りました。
BeheringerのStopmシリーズを音屋で買うより安い値段で手に入りました。
新品のBeheringerを買うより中古でBossのものを買うのをオススメしたくなります。
極限まで深く太く歪むハイゲイン・ディストーション・・・てのがBossのキャッチフレーズなので
BigMuffのようなキャラかなと思いましたが、私が想像していたのとちょっと違いました。
基本はDS-2のようなキャラでした。
言うなればDS-2はモードTとUが並列に2つのディストーションが並ぶ構成だとすれば、
MD-2は2つのディストーションが直列にならぶエフェクターに思えます。
或いはOS-2がオーバドライブとディストーションをミックスとさせているのに対し、
GainBoostとディストーションを直列に繋げたのMD-2でしょうか。

もうひとつの特徴は2軸トーンのBOTTOM機能です。
DS-1の弱点とされている低音の細さを補うEQになっています。
Bossのエフェクターの中でかつて無いほど低音を強調できるとの評判ですが、
あんまり上げても使いやすい音とは言えません。

意外に歪みのパラメータはどちらも低めの音が良かったです。
MegaDistortionってネーミングに惑わされなければ、クランチのほうが使いやすいかもしれません。
ボリュームの追従度もBD-2よりいいような気がします。ピッキングニュアンスも結構出るので
メタルな低音弦のバッキング主体のプレイヤーには少し使いづらいかもしれません。

GainBoostはFZ-2にも同じ名前の機能がついていましたが全く別物です。

DS-1に次いで値段の安さを考えると良いエフェクターだと思います。
若い・・・というか通が気に入るような要素はあまりないのかなあって感じですね。
ただ悪くないです。DS好きならこれはDF-2より押さえておくべきかと。
次、Bossの歪みで廃盤になるとしたらコイツかなって感じですし・・・(^_^;)
ちょいと器用なぶん、キャラ立ちの意味でも他との住み分けはイマイチですかね。

IMG_2305.jpg

何故か手に入れたときからニセモノ銀ネジ仕様でした。
メインとは成りえませんがバリエーションの一つとしてかなり気に入ってます。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。