メニューへ

ナットから弦が落ちるときの簡単な対処法

しっかりした作りのギターならまずこんなことはないのですが、
個性的?なギターを使うとたまに考えもしないトラブルに遭遇したりします。

Starsのエレクトリックシタールはヘッドにほとんど角度がなく
ペグのシャフトの長さも特に調整されておらず、テンションバーなどもないので
そのまま素直に弦を張るとストロークやカッティングなどをすると弦がナットから
外れてしまうことがあります。

そんなナットから弦が落ちてしまうような事象があるときの簡単な対処法です。

・・・弦をペグに通した後、根元に向かって2、3回転と多めに巻きつけナットに対し
弦の角度をつける・・・というものです。

弦をペグに巻きつける長さに関して、「極力短い方が良い」と思う方、「普通に巻きつけるほうが良い」と思う方がいるようです。

個人的にはギターや使用する弦、好みによってどちらがベストかは変わってくると思います。

IMG_2575.jpg



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。