メニューへ

BeroTracker:基本的な使い方(Mod編)

BeroTrackerはファイル形式を最初に何を選択するかによって使い方が変わります。
まずはファイル形式modでの基本的な使用例に触れていきます。

新規ファイルを作る
bt01.JPG
File→New→MODを選択しMod形式の新規ファイルを作成します。

新規ファイルを作り終えるとGeneralの画面になります。
ここではBPMやRowPerBeatなど曲全体に影響するパラメータの設定を行います。

bt02.JPG



サンプルを登録する
bt03.JPG


上部にあるSamplesタブをクリックしてサンプルファイルの登録画面にします。
左部にあるサンプルを登録するスロットを選択します。
下部にあるImportタブをクリックし登録するサンプルを選択してください。

bt04.JPG

Import画面の簡単な内訳です。
こちらを参考に曲を作るために必要なwavファイルを登録してください。



打ち込む
ネタとなるwavファイルを登録したら打ち込みを開始します。

bt05.JPG

上部にあるPatternタブをクリックして打ち込み画面にします。

bt06.JPG

デフォルトでは16分音符分の列がならんで1小節を構成してます。
一番左側の欄には音程を打ち込んでください。
左から二番目の欄には先ほどSamplesでインポートしたwavが登録されている
スロット番号を入力してください。
上の画像を音符に直すとこんなイメージです。

bt08.JPG


音程を打ち込む際は以下を参考にしてください。

bt07.JPG

より高い音/低い音を登録したい場合は画面上部にあるOctaveの数値を変更してみてください。
登録したPatternは画面上部で曲の構成になるようにマスを並べます。
マスには数値のボタンを押すと作成済みのPatternを入れることができます。
新しいPatternを作成したい場合は空白の構成マスで右クリックしてCreate new patternを
選択してください。

bt09.JPG

Patternを並べ終わったら曲を再生してみましょう。
再生ボタンを押してみましょう。



簡単ですが、Modファイル形式でのBeroTrackerの簡単な使い方です。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186669246
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。