メニューへ

L.R.Baggs M1 Passive

L.R.Baggs M1 Passive です。

とりあえず、指板せり出し/変形サウンドホールのこのギターにも装着できたのはよかったです。
特に本体の取り付けに悩むことはありませんでした。

マグネチックPUながらボディの音を拾うという代物です。
パッシブでも音量は、十分確保されている印象です。
エレクトリックギターのピックアップの半分くらい?の出力でしょうか。


付属シールドがモガミ製ってのも好印象(^^)

マグネってこんなもんでしょうが重量は結構あります。

音の印象は、「よく設計された音」とでももうしましょうか・・・。
クリアでマグネPUのクセを抑えてナチュラルな音に近づけようという
製作者の意図を感じます。

ボディを叩いた音もかなりクリアに拾います。
ただ、コンタクトピエゾが割と叩いた感じをナチュラルに拾ってくれますが
M-1だと打音の低いところはカットされている印象です。
トントン、ゴンゴンって感じでなくカンカン、ポコポコって感じです(^^;)

積極的に音を作りにいくギタリストに向いているPUだと思います。
音を加工したくなるし、大胆にやっても大崩れしない音です。

ピックで弾くとピックが弦が当たる音、ボディに当たる音もよく拾います。
PU自体が音をよく拾うのでラフに弾くスタイルの場合は繊細すぎるかもしれません。

サウンドそのものの好みもあると思いますが、弦振動だけを拾うピックアップにも
スタイルによってはメリットあるなと思いました。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。