メニューへ

Psycle Machine Note Duplicator「Dupe It!」

PsycleのInternalMachine Note Duplicator「Dupe It!」は複数のGeneratorを
あたかもひとつのMachineのように扱うことができる機能をもってます。

Dupe It!はMasterや他のMachineに接続する必要はありません。
GUIにてDupe It!で操作するMachineをアサインしておきます。
アサインしたらPatternEditor上でDupe It!でノートを打ち込むことで
複数のMachineから発音されます。
アサインしたMachineはMasterに繋いでください。

GUIを開いて左側のツマミOutputMachineでMachineを選択します。
Dupe It!にアサインできるMachineはMachineView上に用意したもの
(GearRackに登録されたもの)になります。
Dupe It!ひとつで最大8つのMachineをアサインできます。

右側のツマミはは基準となる音程を設定します。
C-5が基準になり、音程差をつけることができます。
例えばC-4に設定した場合、Patternに音程を登録すると1オクターブ下が発音されます。
E-5に設定すれば長3度上で発音されるわけです。
同一Machineを複数チャンネルに設定すれば、単音でコードを出すこともできます。

Psycleコマンドも受け取ることができますがヴェロシティしかないようです。

簡単な例としてサンプルファイルを用意しました。

Dupeitdemo.psy

ArguruSynthとBlitzを両方同時に発音しています。
さらにBlitzはもう1チャンネル設定しG-4のノートも同時に発音するよう設定、
ヴェロシティを途中で変更しPsycleコマンドが有用か確認できると思います。
単純な機能ですが結構便利です。

タグ:Psycle machine
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。