メニューへ

PsycleMachine Effect一覧

Psycle1.8.5のNativeMachineの全Effectの紹介です。
過去記事からの構成し直しました。

Alk Muter
繋いだ箇所のミュートOn/Offを行います。
Psycleの場合、各MachineのミュートができさらにGeneretorならばソロ、
Effectならバイパスがあるため使い道としてはtwk操作で手動ゲートとして
使うくらいでしょう。あとは例えば複数Machineの一括ミュートとか。

Arguru Compressor
コンプ。InputGain、Threshold、Ratio、Attack、Release、Softclipの
パラメータを持ってます。Ratioを最大にするとLimiterと表示されます。
Limiterになる前の設定値は1:16まで。

Arguru CrossDelay
ディレイ。Delaytime、Feedback、Dry、Wet、TickMode、Tickの
パラメータを持ってます。クロスディレイの名前通りフィードバック音が
左右にパン移動しながら発音します。最初は必ず右が大きくなるみたいです。

Arguru Distortion
ディストーション。Threshold、Gain、Phase Inversorのパラメータを持ってます。

Arguru Goaslicer
スライサー。Length、Slopeのパラメータを持ってます。

Arguru Reverb
リバーブ。結構個性的でFeedBackで音色が変わるモジュレーション効果みたいに
なります。結構バグが残ってるみたいでフィルターやヘルプを見るとエラーが
出たりして安心して使えません。

Audacity Compressor
コンプ。Threshold、Ratio、Attack、Decay、Use gainのパラメータを持ってます。
Ratioが小数点値まで設定でき最大値が100.0:1と変わってます。

Audacity Phaser
フェイザー。LFO Freq、LFO Start phase、Depth、Stage、Dry/Wet、
FeedBackのパラメータを持ってます。最大24ステージ。

Audacity WahWah
ワウ。LFO Freq、LFO Start phase、Depth、Resonance、Wah freq offsetの
パラメータを持ってます。

Ayetternal 2-PoleFilter
フィルター。responce、cutoff frequency、resonance、mod,frequency、
mod,amplitude、mod,stereodepahaseのパラメータを持ってます。

Ayetternal DalayDelay
ディレイ。dry、wet、delay left、feedback left、delay right、
feedback right、snap toのパラメータを持ってます。左右のディレイのタイムを
直感的に変えられるのはよいです。ネーミングはDelayLamaから由来かな。

Ayetternal Dist!ortion
ディストーション。input gain、output gain、positive threshold、
positive clamp、negative threshold、negative clamp、symmetricの
パラメータを持ってます。総じてディストーションはシンプルなはずですが
パラメータが一見では把握しにくいです。

Ayetternal Flanger
フランジャー。central delay、mod,amplitude、mod,frequecy、mod,stereodepahase、
interpolation、dry、wet、feedback left、feedback rightのパラメータを
持ってます。

Ayetternal Gainer
ゲインの上げ下げを行います。Muter同様あまり出番はないかもしれません。

Ayetternal PsycleOSC AM
リングモジュレータ。am frequency、am frequency glide、fm frequency、
fm bandwidthのパラメータをもってます。

DocBexter'S PhaZaR
フェイザー。PC環境からかエラーが出て動かなくなること多数です。
Phase Shift、Dry/Wet、Lfo/Freq Speed、Mode、LFO/Freq、Differentiatorの
パラメータをもってます。

dw eq
4バンドEQ。Freq1〜4、Gain1〜4、Bandwidth1〜4のパラメータを持ってます。

dw granulizer
グラニュライザー。-Grain Shape-:Size、Freq、Attack、Decay、PitchStart、
PitchEnd、PitchLink、MaxGrainLayer、-Random Mod-:Rand%Size、Rand%Freq、
Rand%Attack、Rand%Decay、Rand%PStart、Rand%Pend、-LFO1〜2Mod-:LFO→Size、
LFO→Freq、LFO→Attack、LFO→Decay、LFO→PStar、LFO→Pend、
-LFOs-:各LFOのShape、Frequency、Phase、-AMP Section-:LimitThreshold、
OutGain,-SyncTools-:Grain Syncer、LFO Syncer、-Display-:LimitAmount、
Densityのパラメータをもってます。

dw IoPan
パン。Left、Maintain、Right、Allow Flipのパラメータをもってます。

dw Tremolo
トレモロ。Depth、Waveform、Gravity、P.Width/Skew、Speed、Stereo Phase、
Gravity Mode、UP/Downのパラメータをもってます。

EQ-3 v1.0
3バンドEQ。各帯域のGain Left、Gain Rigth、Freq、Master Left、
Master Right、Bass Boostのパラメータをもってます。

Filter
フィルター。Central、Width、Type、Frequency LFO、Width LFO、
Frequency LFO influence、Width LFO influenceのパラメータをもってます。

Haas stereo time delay spatial localization
ディレイ。gain、dry/wet、-direct-:gain、pan、delay stereo delta、
-early reflection-:gain、pan、delay、delay stereo delta、
-late reflection-:gain、pan、delay、channel mixのパラメータをもってます。
ディレイといっても最大で100msまでの設定でearly reflection、
late reflectionのセクションに分かれていることから効果としてリバーブに
近いです。簡易リバーブといったところでしょうか。

Jazer Freeverb
リバーブ。BuzzのFreeverbの移植かと思ったら全然別物で通すと音色が変わります。
普通のリバーブとしては使いにくいです。

KarLKoX Surroundv1.2
サラウンドデバイス。Cutoff Frequency、Work Modeのパラメータをもってます。

Koruz 1.0
フェイザーとコーラス。Phaser Min、Phaser Max、Phaser Rate、Phaser F.B.、
Phaser Depth、Phaser Phase、Phaser Swirl、Chorus Delay、Chorus Depth、
Chorus Rate、Chorus F.B.、Chours Mix、Chorus Phase、Chorus Swiriの
パラメータをもってます。

LADSPA GVerb
リバーブ。BuzzのFunkyverbのLarsHaさん作成のようです。 Psycleのリバーブの
中では比較的普通ですが出音がメタリックになりがちです。

MoreAmp EQ
31バンドグラフィックEQ。20Hz〜20000Hz、Preamp、Bands、Extrrafiltering、
Linkのパラメータをもってます。Extrrafilteringで10バンドと31バンドと
どちらを使用するか選択できます。10バンドの場合は*がついたノブのみ有効です。
LinkをOnにすると*がついたノブを動かすと近辺のノブも一緒に動き自然な
カーブを作ります。

Nagative
パラメータをもちません。Helpにはout = (-in)と書かれていますが
おそらく位相の反転ですかね。

Ninereeds Fractal 7900s port
ディストーション。Buzzからの移植でeffect、depthのパラメータをもってます。

Pooplog Autopan 0.06b
パン。Panning、Pan LFO Depth、Delta Smoothing、LFO Wave、LFO Rate、
LFO Phase、Tweak Inertia、Input Gain、Mixのパラメータをもってます。
GUIを開くとLFO Phaseが勝手に回っている(^^;)。

Pooplog Delay 0.04b
ディレイ。フィルター(フェイザー)、シェイパー、LFOを装備してます。
左右のDelay Length、左右のDelay Pan、左右のFeedBack、左右のFeedBackPan、
Delay Filter Type、Delay Cutoff、Delay Resonance、Cutoff Unbalance、
Delay LFO Rate、Cutoff LFO Depth、Unblance LFO Depth、Delay LFO Phase、
Delay Shaper、Shaper Gain/Param、Delay Routhing、Feedback Filter Type、
Feedback Cutoff、Feedback LFO Rate、Cutoff LFO Depth、Unbalance LFO Depth、
Gain LFO Depth、Feedback LFO Wave、Feedback LFO Phase、Feedback Shaper、
Final Shaper、Final Gain/Param、Input Gain、Mix、Tweak Inertia、
Follow Tempoのパラメータをもってます。

Pooplog Delay Light 0.04b
ディレイ。Pooplog Delayの軽量版。Feedback関係の設定が省略されてます。
左右のDelay Length、左右のDelay Pan、左右のFeedBack、Delay Filter Type、
Delay Cutoff、Delay Resonance、Cutoff Unbalance、Delay LFO Rate、
Cutoff LFO Depth、Unblance LFO Depth、Delay LFO Phase、Delay Shaper、
Shaper Gain/Param、Delay Routhing、Input Gain、Mix、Tweak Inertia、
Follow Tempoのパラメータをもってます。

Pooplog Filter 0.06b
フィルター。フェイザー、EQにもなる。Filter Type、Filter Cutoff、
Filter Resonance、Cutoff LFO Depth、LFO Wave、LFO Rate、LFO Phase、
Unbalance LFO Depth、Shaper Methord、Shaper Gain、Cutoff Unblance、
Shaper Gain LFO Depth、Input Gain、Mix、Tweak Inertia、Follow Tempoの
パラメータをもってます。

Pooplog Lofi Processor 0.04b
ビット落としのローファイプロセッサー。Resample Frequency、Resample bit、
Frequency Unbalance、Input Gainのパラメータをもってます。

Pooplog Scratch Master 0.06b
スクラッチマシン。Buffer Length、Scratch Speed、左右のDrag Delay、
Speed Unblance、Feedback、Input Gain、Mixのパラメータをもってます。

Pooplog Scratch Master 2 0.06b
スクラッチマシン。LFOを装備している。Buffer Length、Scratch Speed、
Speed LFO Rate、Speed LFO Depth、Speed LFO Wave、左右のDrag Delay、
Mix LFO Rate、Mix LFO Depth、Mix LFO Wave、Speed Unblance、Feedback、
Buffer Through、Speed LFO Phase、Mix LFO Phase、Delta Smoothing、
Input Gain、Mixのパラメータをもってます。

s filter
フィルター。Mix、Cutoff、Resonance、Type、LFO Waveform、LFO Rate、
LFO Amountのパラメータを持ってます。

s phaser
フェイザー。Min、Max、Feedback、Mix、Speed、Depthのパラメータをもってます。

s reverb
リバーブ。2パラメータのシンプル設計です。

s vld
どうもフランジャーを応用したビブラートのようです。Lo、Hi、Feedback、
Mix、Speed、Stereo Phaseのパラメータをもつ。

SChorus
コーラス。他のsシリーズとは作り手さんが違うようです。フランジャーみたいな
音になりがちです。色々弄っていたらそのうちオーバーレベルで昇天しました。
Dry、Wet、左右のFeedback、Min Delay、Max Delay、Rate、Delayerのパラメータを
もってます。

Slicit 1.0
ギャッパー。Program Nr.、Level1〜16、No.Steps、Attack1〜16、Speed Factor、
Pan1〜16、Filter Type、F.Freq1〜16のパラメータをもってます。

slk Reverbs
リバーブ。キャラクターを選択して使います。

ThunderPalace SoftSat
サチュレーション。Threshold、Hardnessのパラメータをもってます。

vd's allpass filter
allpassするfilterってなんだろうと思ったら、単にディレイ。
Left/RightのDelay、Gain、Lock Delay、Lock Gainのパラメータをもってます。

vd's echo filter
ディレイ。紛らわしい名前です。Left/Right、LockのDelay、Dry、Wetの
パラメータをもってます。

vd's FastVerb filter
ディレイ。リバーブのような名前ですが・・・。Left/Right、LockのDelay、
FeedBackのパラメータをもってます。

vd's NoiseGate filter
なんだろ、これ?サチュレーション+フィルター?少なくともただのノイズゲート
じゃないです。デフォルトの設定だといきなり音色が歪んでいます。
原音に近い音にするためにはThresholdとGainを下げPre-Gainを上げるとよいようです。
Left/Right・LockのThreshold、Pre-Gain、Cut Off、Resonance、LowPass、Gainの
パラメータをもってます。


以上、簡単にですが全機種紹介です。
個人的な感想としてはデフォルトのセッティングで使えるものはほぼ無いと
思っていいと思います。
リバーブなどは通すだけで極端に音色が変わるのも多く使いにくいです。

効き方が大雑把な感じのものも多い中、
Haas stereo time delay spatial localizationとKarLKoX Surroundv1.2の
微妙なかかり具合だけど使える音なのが個人的に好感触です。
各者作り手の個性がシンセ以上に出ているようです
(Pooplogはやっぱりツマミが多いのが好きみたい)
対称的にsondのものはシンプルですしvdのものは名前と効果が一致しません(^^;)
。Arguru、Audacityは実用的にまとめられています。
Ayetternal、dwも実用的にまとめている中、数点個性的なものがあります。

総じてVSTと置き換わるものばかりなので質の見極めは難しいところです。
思い切って使わないものはフォルダから消しておいたほうがいいかもしれません。

タグ:Psycle machine
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99982003
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。