メニューへ

マンドリン:7つのスケールポジション

メロディやコードの拠り所なるスケール。
マンドリンの場合1弦あたり四音一組としてスケールを
見ていくと視覚的に理解しやすく覚えやすいです。
○部分が各スケールのルート音です。
普段、何気なく弾くときにもこの7つのポジションを
意識しておくといいと思います。

mand_sc.JPG

これを応用した、各指独立用の基礎練習です。
スケールは今回はAmで行っていますが
必要に応じて各種キーやスケールで行うといいでしょう。
難しいのはフリジアンの2弦目のような、
ひとつのノートにつき1フレット分間が
空いているポジションかと思います。

mand_sc2.jpg
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンドリンの基本テクニック

○左手

・ネックの握り
窮屈にならないよう、自然な握りになるようにします。
体型やスタイル、使用している楽器によって変わってくると
思います。ある程度時間をかけると自然な握りになります。

・弦の押さえ方
復弦も一緒に押さえます。結構な力を必要としますが
余計な力が入るとスムーズに指が動かなくなります。

・フィンガリング

基本的なフィンガリングは以下のような感じになります。

 人 中 薬 小   人 中 薬 小
|------------------|--3---5---7---8---|
|--3---5---7---8---|------------------|
|------------------|------------------|
|------------------|------------------|


フレットとフレットの間はギターより狭いのですが、
1弦で弾くべき音域が広くなっているので
結構、手を広げることになります。
薬指と小指は音が鳴りにくいのでよく練習します。

・ハンマリング/プリング

ハンマリングは左手で弦を押さえて
音を出すテクニックです。

|------------------|
|------------------|
|--0---3-----------|
|------------------|

上記の場合0フレットは弦を弾き、3フレットは弦を弾かず
左手で押さえることで音を出します。

プリングは左手で弦をひっかけ
音を出すテクニックです。

|------------------|
|------------------|
|--3---0-----------|
|------------------|

上記の場合3フレットは弦を弾き、0フレットは弦を弾かず
左手で押さえていた指を離すことで音で出します。

ギターほどこのテクニックは多用されません。
復弦楽器なので連続してハンマリング・プリングを使用しても
十分な音量が得られないことが多いです。
ニュアンスの違いを出すときに使用します。


・スライド
弦を押さえたまま別のポジションに指を滑らせて
音を出します。


|------------------|
|------------------|
|--3---5-----------|
|------------------|


3フレットを押さえたまま、指を離さず
5フレットまで指を滑らすことで音程を変えます。

・ハーモニクス
5、7、12フレット上で弦を押さえず、触れている状態で
ピッキング同時に弦を離すことで鐘のような音色を出します。

○右手

・ピック
基本的にはフラットピックを使用します。
私はフィンガーピッキングも使います。
ピックを使用する際は違和感なく弾き易いように
ピックを持ちましょう。
弦に当てる角度によってトーンが変わります。
極端な角度がつくとコシのない音になってしまいます。
弦に対し平行を基本として、トーンに違いによって
微妙な角度の調整をします。

・オルタネイトピッキング
最初に上から弦を弾き、次に下から弦を弾くことを交互に
繰り返します。リズムとシンクロさせることで
粒が揃ったトーンを得ることができます。
弦を移動した際にも交互の動きを持続させます。

・トレモロピッキング
マンドリンはアタックがはっきりとして
持続音が短い楽器です。
擬似的な持続音としてピッキングを連続して行うことです。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンドリンとは?

マンドリンとは一般的に8弦4コースからなるギターのように弦を
弾いて演奏する楽器です。

現在は、中世ヨーロッパ時期に登場したイタリア起源のマンドリンが発展した
ラウンドマンドリンと南米起源で発展したフラットマンドリンが主に使用
されています。

クラシックにおけるマンドリンは、バイオリンと同じように楽器の大きさと
音程の違いによりマンドラ、マンドセロ、マンドローネなどがあります。
バイオリンと同じようにマンドリンによるオーケストラも学生を中心に
結成されています。

マンドリンが多用される音楽は他にブルーグラスがあります。
ブルーグラスはアイルランドの民族音楽をもとに発展したアコースティック系の
音楽ジャンルです。ビルモンロー&ブルーグラスボーイズを名前の起源として
います。主にソロ用の楽器として扱われます。

南米起源のものはバンドリンとも言われます。

その他、ジャズやロックでも使用されることはありますがオプションとしての
活用に留まっているようです。

コロコロと可愛らしい音色で日本ではCM音楽やNHK番組のBGMなんかで結構
マンドリンは使用されているようです。演歌などにも使用されます。
最近の邦楽で印象的に使われていたのは椎名林檎のアルバム
「加爾基 精液 栗ノ花」の一曲目”宗教”があります。
ここではちょっと怪しい雰囲気を作るのに一役買ってます。
私が初めてマンドリンの音色を聞いたのはLED ZEPPLINの
”The Battle Of Evermore”でした。

また田代耕一郎さんのオフィシャルHPには
音源付きでマンドリン属の楽器が多数紹介されています。
世界の民族楽器の項にて確認できます。

構成されるパーツはほぼギターと一緒です。
下図のようにチューニングするのが一般的です。

IMG_1474.jpg

複弦もあわせると
「G_G_D_D_A_A_E_E」となります。

弦は金属製です。エリクサーやダダリオなどのギター弦の大手メーカーから
クラシック系のブランドまで幅広く出しています。
一時期はギター弦のポールピースを外して代用していました。

通常、フラットピックにて弦を弾きますが私はフィンガーピッキングも
使います。
ピックはギター用より細めのティアドロップ形がマンドリン専用ピックと
して販売されてますが、私はあまり使いません。

クラシックもブルーグラスも、或いはブズーキのような複弦楽器が
使用される民族音楽も好きですが、ポップスに使用するのでジャンルに
あまり拘ることなく使用します。





-----------------------------------------------------------------------
最近はマンドラにとっても興味があります。
コードを弾いたとき、マンドリンの場合低音側が足りないかなと
思うことがよくあります。
ただ演奏者の人口が少ないために中古で見かけることが
あまりないので機を逸しています。
ましてやフラットマンドラになると皆無に等しい状況ですね。。。
マンドリンよりオクターブ下だとちょっと低くなりすぎるかな
というのがフラットマンドラを探している理由なのです。

マンドラはラウンド型は通常、マンドリンの1オクターブ下にチューニングし
フラット型は5度下にチューニングされるとのことです。
そういった用途の違いからスケール長が違うことも予想されます。

一度、ラウンド型も試してみようかなとは思ってます。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メニューへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。